au電気に変えるメリットと、労力に見合わない「お得なポイント」

スポンサーリンク

私は、楽天経済圏に生きる家族なのですが、最近、楽天の調子が思わしくないので、ポイントに関しても「リスク分散」が必要だと感じる次第です。

ぶちくま
ぶちくま

なぁなぁになっているauから楽天モバイルへの移行も、これを気に見直して、「au」と「楽天」の2刀流パターンもありなんじゃないかと一考。

ここで、考えたいのが、どうせならKDDI系列でお得になれるサービスはないものか、ということ。

au Payなど、金融周りも堅実なKDDIですが、その規模の大きさから、「電力自由化」でもひとつ飛び抜けた存在感を発揮しています。

ということで、このページではau電気でお得になるのかどうかを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

au電気のメリットをまとめる

この辺りは、他のサイトでも散々語られているところなので、ポイントだけ押さえていきます。

auでんきの宣伝ポイントまとめ
  • auユーザーならお得がいっぱい
  • 個人情報が連結されて申し込みがくそ楽ちん
  • au wallet ポイントが貯まる
  • キャッシュバックキャンペーンがある(時がある)
  • アプリがでんきが「見える化」する

au Wallet ポイントが還元される

まず、電気代の支払額に応じて、auのポイントであるWalletポイントで還元されます。これはひとつのデメリットとして、後述してます。

電気代キャッシュバック還元率

毎月の電気代5,000円未満5,000 – 8,000円未満8,000円以上
ポイント還元率 1% 3% 5%

申し込みは本当に楽

auでんきは申し込みが簡単
ネットで完結

auユーザーの場合は、必要な情報をauが持っているので、「個人情報を利用しますよ」と言う承諾を得たり、スマートメーターに切り替えますよ、という承諾をするくらいの作業しかありません。

必要なもの

auでんきは名義が一緒なら秒速で申し込みが終了
  • 通信機器(スマホ、PCなど)
  • 検診表

これだけあればOKです。

太陽光発電利用時は注意

「auでんき」では、余剰電力買取サービスを行っていないため、太陽光発電で発電された余剰電気の売電ができません。

余剰電力買取サービスをご希望の場合は、「地域の電力会社」のご利用をおすすめしております。

https://www.au.com/support/faq/view.k20000002435/

auでんきでは、「電力買取サービス」はおこなっていないので、売電ができません。地域の電力会社とコネクトしてください。

au Wallet ポイントがネック

メリットとしてあげておきながら、ネックとするのも何ですが、au Walletが適切に利用できているユーザーは少ないと思います。

Wowmaで使いやすくはなったが

Wowma!の店舗数がだいぶ増えてくれたので、価格面では楽天市場やAmazonなどのサービスと比べても「損はしない」くらいにはなってきました。

楽天市場とWowma!はどちらがお得か比較する
auから楽天モバイルに移転しようと画策していたところ、思いのほかWowma!というauユーザー囲い込みECモールがお得だったので情報共有です。

品揃えも、よほどのことがない限りは「ないものはない」と言えるくらいには充実しているよね。

ポイント生活まではできない

ただ、楽天市場の「生活しているだけでポイントがなくならない」ポイント生活者からすると、 Walletポイントを貯めるのは、何だか無駄なように感じてしまいます。

しろくまさん
しろくまさん

と言うのも、電気代還元の、わずかなポイントのためにauでんきにするくらいなら、au解約してMVNOに流れたほうが、毎月数千円もずっとお得だしね。

楽天モバイルなら、楽天ポイントもつく上に、生活費は全て楽天カードで支払えば、必要なものはだいたいポイント化できるし、ポイントがなくなることもない。

ポイントで生活するならどっちがいいの【Yahoo!と楽天を比較】
ポイントで生活するためには事前の準備が大事です。ポイントがたまるシステムを構築すると、あとは普通に生活するだけで、ポイントが自動生成されます。話題のPayPayを利用する方法から、Kyash経由の楽天Payまで、ポイントのことを調べました。

アプリは使いやすい

auの強みは、やはり地盤の強さや開発力です。

メリットにはあげませんでしたが、基本的に国内の大体の地域でauでんきが利用できるので、引っ越しの際には便利なのは、auのメリット。

さらに、スマートメーターと連動して、「電気使用量」がアプリで確認できるのも大きな特徴のひとつだと思います。

auでんきはアプリでいつでも電気使用量がチェックできる
電力消費の高い家電を吊し上げ

電気使用量は、毎日チェックしないので、請求が来たときに「愕然」としがちです。

しろくまさん
しろくまさん

まぁ、仮にアプリを利用して「プッシュ通知」で「使いすぎ」と警告を受けても、なす術はないんですけどね。

ぶちくま
ぶちくま

いや、設定温度を調整したりできるよ!

auでんき 電気が見える!電気の使いすぎもお知らせ!

auでんき 電気が見える!電気の使いすぎもお知らせ!

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

auでんきの知っておくべきデメリット

デメリットがすんなり書けちゃうのは、私の性格が悪いからであって、auでんきのサービスの質を問うものではありません。

電気料金は変わらない

基本的に、auでんきに変えたらから「電気代が安くなる」ということはありません。使用料金に対して、ポイントがつくようになるだけです。電気使用量によって、各世帯のお得度が変わりますが、ポイントに惹かれない場合は注意が必要です。

電力会社との電気料比較

電気量については、2020年3月現在についての情報です。あくまでも比較用としてご参照ください。

基本料金
基本料金東京電力従量電灯BauでんきMプラン
10A 286.00円 286.00 円
15A 429.00円 429.00 円
20A 572.00円 572.00 円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量による使用料金
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)東京電力従量電灯BauでんきMプラン
最初の120kWh 19.88円 19.87円
120-300kWh以上 26.48円 26.47円
300kWh 30.57円 30.56円

auでんきの解約金

契約1年未満でauでんきを解約すると2000円の解約金がかかると記載がある、というサイトもありましたが、auでんきHPによれば、

「auでんき」では違約金はいただいておりません。

https://www.au.com/electricity/question/

https://www.au.com/electricity/question/

ということらしいです。ただ、地域の電力供給会社によっては2年間の縛りなどがあるプランもあるため、その場合に違約金がかかる、というケースもあるようです。

しろくまさん
しろくまさん

クレジットカードなどで電気料金を支払っている場合、クレジット会社のポイントが付加されることを考えると、それほどお得でないのかな、というのが本音ですね。

スポンサーリンク

auでんきの構造が知りたい

少し触れましたが、「auと契約しているのに、供給する電力会社が違うってのは、どう言うことなんだ」という疑問が湧きましたので、調べておきました。

auでんきってどんなサービス?

まず、ざっくりとauでんきの話をすると、「大元の電力配給会社は変わらず、販売する会社がauになる。そのため、販売会社によって停電などの不利益が生じることはなく、独自のサービスが展開しやすくなる」というのが、電力自由化により生まれたauでんきの構造です。

まとめ買いで安くなる原理

細かいことを言うと、auが契約者分の電気を〇〇電力からまとめ買いする。少し安く手に入った電気を、少し安くなった分だけ割引して、契約者のもとに届ける、と言う感じですね。

ぶちくま
ぶちくま

とは言え、サービス提供のための経費もあるので、実際にはほとんど値引きのない状態で電気が売られています。ただ。Walletポイントとして還元されるのが特徴的ですね。

auは販売だけを行うところ

電気を買う会社が変わっても、電気が送られてくる仕組みは今までと変わりません。

auでんきの電力供給の仕組み
結局は、電力会社の電気を使っている

例えば、電気料金が安くなったからといって停電が起こりやすくなったり、明るさが変わったりということは起こりません。どこで買った電気でも、安心して使うことができます。

電力自由化に伴い、条件さえ満たせばどこでも電力を販売できるようになりました。auの場合は、電力を販売する業務だけをおこなっており、実際に電気を作っているわけではありません。

auの仕事は、販売事務サービスとポイント事業

言い換えて仕舞えば、auがやっているのは、au Walletのポイントを付与できるサービスです。

窓口などもauになるので、スマホやインターネットの契約と一本化できるのは、企業にとっても契約者(ユーザー)にとってもメリットとなり得るところです。

あいだに「余計な経費」が挟み込まれただけ

さらに言い換えれば、元々不要な仲介業者が挟み込まれただけなので、本来であれば、余計に運営に経費がかかるところです。

ですが、この不思議なビジネスが成り立つのは、「電力自由化で顧客を逃したくない電力会社」と、「すでにあるプラットフォームを活かして、かつMVNOで契約者に逃げられたくないKDDIの囲い込み」というニーズがマッチしているから。

ぶちくま
ぶちくま

KDDIとしては、ポイント付与でユーザーを逃さない要素を増やすことができる。電力会社は、auと手を組むことで、既存の顧客の実質的な移動は防ぐことができる。というメリットがあるわけですね。

ユーザーのメリットは思った以上に、ない

前述の通り、価格面では特に優遇されるわけでもなく、Walletポイントとかいう、使い所のよくわからんポイントだけが付与されるサービスと言い切っても良さそうです。

安くしたいなら、他の電力会社と比較検討を!

電力自由化に伴い、もっと革新的にターゲット層を絞って「お得なプラン提供」ができている新生電力会社もあるので、丁寧に比べるのが大事だと思います。

将来的にはもっとお得になる

とは言え、これはあくまでも新電力会社が興る黎明期の話。今後は、サービスはもっと競争していくことが考えられます。

すでに電力会社と手を組んでいるKDDIとしては、自社の通信技術を応用して、各家に取り付けたスマートメーターから、自動検診で得られるデータをもとに、もっと個別に電力プランが提供できるようになるはずです。

大手住宅会社やガス会社なども、手を組む会社によって、独自のサービスを展開していくと、面白そうですね。

スマートメーターとは

通信機能を持った電気メーターです。

従来型のアナログメーターでは、月間の電気使用量しか分かりませんでしたが、スマートメーターであれば30分毎の電気使用量が取得できるようになります。

https://www.au.com/support/faq/view.k161833470/?bid=we-dcom-denki-faq-0021

コメント

タイトルとURLをコピーしました