新発田市「ついしん 手紙」のランチで和食の真髄を堪能

スポンサーリンク

新発田市は、ラーメン店はいまいちなんですけど(失礼)長く続いているところは、関洋軒しかりinoしかり、続いている理由は料理だけで説明できるレベル。そんな名店をランチでお得に楽しんでいきます。

スポンサーリンク

「ついしん 手紙」はお勧めできるか

ついしん手紙のお品書きなど上品な感じ

美味しいランチを食べられるお店は、新発田はそこここにあるのですが、私のように情報に疎い人間の耳まではなかなか届かないのです。

ぶちくま
ぶちくま

最近行ったお店では、割とあたりを引けているのかなと感じているので、今後も隠れた名店に巡り合えると良いのですが…

と、思っていたところ、和食系でも良いお店が見つけられたので、とりあえずいろいろ読む必要なく「お勧め」のお店です。

ランチタイムからちょうど良い和食が食べられる

和食って、敷居が高いんですよね。私としては、今回の「手紙」さんも、十分すぎるくらいに敷居は高いのですが、それでも入りやすい方かな、とは思いました。

和食ランチが食べづらい理由

  • 提供時間があるので「さっ」と食べられない
  • ランチ価格でもそれなりのお値段
  • 周囲のおばさま方の高貴な雰囲気に萎縮
  • 和食が苦手(魚が綺麗に食べられない)
  • 本気の和食は夜食べたい

というわけで、何かと敬遠しがちな和食ランチ。

セレブリティで和服なんかを着こなして集うご淑女様方に紛れるのは、肩肘張って疲れるものですが、手紙さんのターゲット層は「気取った洋食店」くらい。

ぶちくま
ぶちくま

言い換えると、「松屋の気持ちではいけないけど、正装は不要な個人経営のおしゃれなカジュアルレストラン」くらいの気持ちなら入れる、こんな感じです。

よめくま
よめくま

そんなこと気にしてないで、早く行こうよ!

価格帯はランチとしては気合が必要

私の中では、ランチは1,500円からが「別次元」なので、私の財布からは飛び出るのが「手紙でのランチ」です。

次あたりに書く予定の記事で「和の匠 みやむら」という新潟市東区のお店があるのですが、そこだと(和食メインでもないのですが)私の財布でなんとかおさめられます。

ぶちくま
ぶちくま

やはり少し高めかな、とも感じます。

ただ、後半にメニューも載せていますが、割としっかりとしたコース(と言って良いのか)で提供してくれることを考えると、価格設定としてはコスパ良しとしても良いのかな、とは考えています。

ぶちくま
ぶちくま

あくまでも、私のような「ランチで外食が贅沢」くらいの庶民派の感覚ですので、あしからず。

手紙をお勧めしたい方

  • 今日はちょっと良いもの食べたい
  • 新発田ランチでゆったり過ごしたい
  • 最近、洋食が続いて、いつもと違う味覚を刺激したい
  • 季節のものを目でも舌でも楽しみたい

新発田のお勧めランチ

「ついしん 手紙」が混んだりしていたら、代替案として妥当な新発田のお勧めランチを紹介します。

新発田市「呼福の庭」で和食風フレンチで幸せランチタイムを満喫せよ
新発田市の呼福の庭でランチを食べてきました。まず、価格がちょうどいいのが気に入りました。馴染みがあるベースの味付けのようで、独自の創作性も加味されたランチプレートはまさに美味。ハンバーグも安定感のある味付けで、最後まで美味しくいただける絶妙なバランス感覚。
スポンサーリンク

「ついしん 手紙」レビュー・評価

ついしんは、おそらく今後も何度か食べに行くことになると思うので、ここに感想などをまとめていきたいと思います。

手紙はどんな雰囲気?

ついしん手紙の外観やお店の様子

まずは、店舗についてのレビューです。お店の雰囲気や、迷いやすい道順経路に関する情報やレビューです。

静かで落ち着いた雰囲気

前文でも書きましたが、私くらいの「あまり外食慣れしていない」感じだと、少し抵抗感を覚えるくらいですので、高校生が彼女とデートで来るようなところではないなと思います(当たり前か)。

ちょっと特別な日に

大学生くらいなら、「たまにはこんなところもいいよね」なんて感じで行くと、幸福感は高まると思います。

客層はThe おとな

周囲は40〜60代くらいの女性グループが多いように感じました。イコール、子供は学校に行くか独り立ちして日中に余裕のある専業主婦の方が多い印象。

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、専業とは限りませんけどね。

ぶちくま
ぶちくま

周囲の会話は、「自分の子供or孫」の話が多く聞こえました。もう少しカジュアルなお店にありがちな「旦那の愚痴」と「仕事への不満(主に看護師)」でのお決まりのテーマトークを楽しむありがちな光景とは、少し違って新鮮でしたね。

手紙の行き方

新潟から向かうお客様の場合

だいたい、新潟方面からの利用者の方が多いと思いますので、バイパス方面からお伝えします。

バイパス降りてから、なんやかんや進んで、新発田商店街の大通りまでたどり着いてください。ナビは「新発田市役所」でOKです。

新潟方面から駅に向かって進んできている場合だと、市役所が見えたら通り過ぎている可能性があります。新道という繁華街を左手に感じ始めたら、適度な緊張感を持って「タケダパーキング」なるものを探します。

初見だと見落とす可能性が高いので、商店街の中にポッカリと駐車場らしきものがあったら、右折で突っ込むくらいの気持ちを持っておきましょう。本当に突っ込むと歩行者を轢いてしまうかもしれないので、最新の注意で運転してください。

新発田駅から向かう場合

新発田駅から歩いて行く場合には、それなりの距離があります。新発田市役所を右手に見たまま、さらに100mほど進んだくらいで左に曲がると辿り着けるはずです。

利用できる駐車場

2018年時点では、駐車場は17番〜35番です。初めて行った時は埋まってたので、なんにせよ早めに行く方が良さそうです。

料理の感想

ランチタイムのみです。多分、ディナーではいけない。もっと自分のレベル上げないとな。

ひな膳

ついしん手紙のひな膳

ひな膳は、いわゆるちょっと良いランチです。散々、「いや、手紙さんは少しお高いですよ」と言っていた口で、注文しているのはひな膳ですからちゃんちゃらおかしいですね。2,000円ですよ? 

よめくま
よめくま

むしろ、ケチな性格の人の方が、普段外食しないから、こういうところでは「一生に一度だから」くらいの気持ちで、高いもの頼みがち説はあるかも。

ぶちくま
ぶちくま

でも、おかげさまで、大変に幸せなランチタイムを過ごすことができました。ありがとうございます。

やっぱり和食は彩がいい
ついしん手紙のお肉料理(ひな膳)

和食って、見ていても楽しいですよね。外で食べる和食と、普段の家で食べる和食はやはり別物なんじゃないかと思います。なんだったら、本当にお金をかけて食べるべき食事ってのは、和食なんじゃないかと思うくらいに、和食って完成されてますよね。

ぶちくま
ぶちくま

私はどこでも箸で食べたがるところがあるのですが、テーブルマナー的には和食は少し気が楽ですね(魚じゃなければ)

魚であっても、これくらいの小ぶりの焼き魚であれば処理はできます。

一品一品に、季節の香りがあると言いますか、甘みの乗り方が違うというか、旬を意識して会話のタネにもなるので、歳とってからの夫婦のランチで、無言で食べ進めるよりは、こういうところで、そう言えばもう秋だな、サツマイモが美味しいな、とか言えるのって、なんか幸せですよね。

ちらし膳

ついしん手紙のちらし膳

チラシもいいですね。チラシは、まぁ言ってしまうと鮮度さえあればどこで食べてもだいたい一緒なんですけど(バカ舌)、「あの店の海鮮丼(チラシ)また食べたいな」って思うのは、やはり思い出補正の要因は大きいと思うんですよね。

よめくま
よめくま

いや、板前さんの力量でしょ

舌に嬉しい「思い出」をくれる味

味覚の記憶ってのは、割と曖昧なもので、むしろ味を決めるのは「記憶」だっていう意見があるくらいです。

味覚を決める要素には、“味の記憶”が大きく作用していることがわかります。母子の差は、年を重ねるごとに、さまざまな味 を経験していることが結果に表れたのだと考えられます。味覚は、『食べることで心が満たされる』という生活の質(QOL)向 上だけでなく、体に必要なものを摂取し悪いものを避ける、舌の“センサー”機能にも関係しており、健康維持のためにも重要 な要素であるといえます。

https://www.morinagamilk.co.jp/download/index/1701/110927.pdf

昔懐かしい味とか、どこそこのラーメンは美味しいとか、それらはみな、嗅覚で記憶される。味の記憶は曖昧である。

https://mog-lab.com/2018/10/post-59.html

こんな感じで、我々は、食事に関しては「匂い」などから季節ごとの雰囲気を感じて「味覚」として再現したり、これまでの味の記憶から複雑な風味を脳内補正したりしているのです。四季によって食材だけでなく、思い出の色味も変わってくるから、日本食(和食)ってのは面白いんですね。

ぶちくま
ぶちくま

なんか、これ、いい感じに締めれそうです。

スポンサーリンク

「ついしん手紙」の基本情報

更新日のデータですので、確認したいことは店舗に直接聞いてみるのが無難です。

メニュー(お品書き)

いつか、ディナータイムのお品書きも更新したいところです。

ランチタイム

ついしん手紙のお品書き(メニュー)ランチタイム
あやめ膳

1,350円

  • 焼八寸
  • 煮物
  • 小鉢
  • ご飯
  • 香の物
  • お汁
ひな膳

2,000円

  • 刺身または肉料理
  • 焼八寸
  • 煮物
  • 小鉢
  • ごはん
  • 香の物
鯛茶膳

2,000円

  • 鯛茶漬け
  • 焼八寸
  • 煮物
  • 小鉢
  • ごはん
  • 香の物
ちらし膳

1,700円

  • ちらし寿
  • 小鉢
  • 香の物
手紙懐石膳

4,000円
5,500円
(前日までに予約)

  • 焼八寸
  • 刺身
  • 小鉢
  • 肉料理
  • 焼物
  • 土鍋ごはん
  • 香の物
  • 甘味

「ついしん手紙」の店舗情報

店名ついしん手紙
ジャンル 割烹・小料理
電話番号 0254-21-2950
住所 新潟県新発田市中央町3-5-7 タケダパーキング
営業時間 【月曜日~土曜日】 11:30~13:30(L.O)18:00~21:15(L.O)
定休日 日曜日、第3月曜日(祝前日は日曜日営業)

「ついしん手紙」の公式HP

ついしん 手紙の公式HPはこちらになります。

ついしん手紙
~いつか、届きますように~ 料理もどこか手紙のようなもの。新潟県新発田市。カジュアル会席の和食店です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました