車椅子でも使える洗面台【LIXIL、TOTO、パナソニックを検討】

スポンサーリンク

ユニバーサルデザインに強いTOTOですが、車椅子仕様の洗面台も、ある程度のデザイン性を保ちつつ、使い勝手が良く評判もいいので気に入っています。
パナソニック、LIXILの製品の紹介もしています。

TOTOの浴室を介護仕様にカスタマイズしております。

洗面台なんかも車椅子でも仕様しやすいようなものを取り付けてもらいました。

需要は少ないとは思いますが、だからこそ気になる人は気になる「車椅子用の洗面台ってどうなのよ」に答える記事になっています。

スポンサーリンク

車椅子で使える洗面台って意外に少ない

ぶちくま
ぶちくま

めちゃくちゃ少ない。。。

もう、造作カウンターに洗面ボウル埋め込んでもらった方が話が早い、ってくらいに少ない。

ぶちくま
ぶちくま

というか、そうしてもらいたかった。

けど、造作洗面台って、如何せん高いし、使い勝手と耐久性も悪いんですな。

造作洗面台でも車椅子対応にできるのか

車椅子が使える洗面台にするには空間と厚さが大事
車椅子が使える洗面台にするには空間と厚さが大事

詳細は後述しますが、造作洗面台でも車椅子に対応することはできると思います。

ただ、おしゃれと介護用品はどうしても相性が悪いようで、どちらも完璧にしようとするのは無理難題。コストも道連れとなります。

上記画像のように、洗面台のベースンを支える台の厚さをなるべく薄くして、かつ空間をしっかりと開けることで車椅子が使用できる形にはなります。なりますが、使い勝手がいいかというと、やはり難しいところ。

スポンサーリンク

車椅子でも使える洗面台の条件

車椅子使用の場合、使用する方のADL(生活する際の能力のこと)の制限がどのようにかかっているかによります。

今回は、なるべく一般化して、それこそユニバーサルデザインならどうするか考えて生きたと思います。

洗面台下に、椅子が入るスペースがある

洗面台の下は、だいたい収納になっていますよね。

これは、まぁご存知の通り、排水口のパイプを隠すため。これがないと、かなーり見た目が悪くなります。

収納はつくらず奥行きのあるスペースを

この収納部分を犠牲にして、空間をしっかりと確保しなければ車椅子に乗ったまま洗面ができる洗面台にはなりません。

車椅子は、乗ってみるとわかりますが、やや後ろ側に体重がかかります。思った以上に車椅子が入り込めるつくりになっていないと、手は洗いづらかったりします。

洗面カウンターに肘掛け程度のゆとりがある

これも大事ですね。使用する際には、バランスを保つために、掴みやすいもの、手を置くスペースがあるといいです。

カウンターよりは洗面器部分が広いほうがいい

造作洗面台は、洗面容器の部分が小さいものをカウンター部分の土台にのせる、という施工になりやすいです。これだと、カウンターの上に洗面器部分が上がるため、カウンターから洗面器に手を入れる場所まで高低差が生まれて、使いづらいです。

車椅子用のメーカー既製品のほとんどは、洗面容器部分(ベースン)が広い、濡れてもいいような仕様になっています。洗面器部分が広いと、利用者は使いやすいし、メンテナンスとしても洗いやすいです。

水栓金具は手前に

水洗金具のレバーが手前にあってもいいと思います。先ほども書きましたが、思ったよりも車椅子は後傾体勢となりやすいので、奥側にあるものは手が届かなかったりします。介助する場合は介助者が取れればいいのですが、御自分で生活できるのであれば、やはり手前側に水栓取手があるほうが使い勝手はいいです。

自動水栓が取り付けられるタイプもありますね。

カウンター高さは実際に使ってみて

現時点で、誰が介護を受けるかわからない状態であれば、自分が椅子に座って使いやすい高さでいいと思います。

(果たして介護する人がいない状態でユニバーサルデザインの洗面台にするかはわからんが)

750mmがいいよって書いているところもあったけど、
パナソニックなんかがこの高さにしているね。

ちなみに、洗面台に昇降機能がついているものもあるけど、これはもう本格的な介護施設用だね。洗髪なんかもする場合は洗面台自体が動く仕様だとやりやすいです。

スポンサーリンク

各メーカーのユニバーサルデザイン洗面台をご紹介

パナソニック:アクアハート

アクアハート洗面|介護用品・設備 | パナソニックのエイジフリー | Panasonic
パナソニックの高齢者施設向け洗面台「アクアハート洗面」のご紹介です。
パナソニック【アクアハート】
パナソニック【アクアハート】

木目調が印象的なアクアハート。

カウンター下にゆとりのある空間を用意しており、間違いなく車椅子でも快適に使える。

自動水栓も設置できる。

蛇口には特に便利設計はない。

洗面ボウルの左右幅も歯磨きセットくらいなら十分おける。

ただ、肝心の木目調が少し、いや、かなり安っぽい。

LIXIL:ドゥケア・カウンター

LIXIL | 施設向け商品 | ドゥケアカウンター
病院・福祉施設から公共施設まで暮らしを機能で支える洗面カウンターです。
LIXIL【ドゥケアカウンター】
LIXIL【ドゥケアカウンター】

さすがリクシルというのが、洗面周りの使い勝手の良さ。

普通の洗面台にもついてくる掃除が簡単なラクとれヘアキャッチャーや、石鹸を置くウェットパレットなんかがついてくる。

側板は斜めにカットが入っていて、車椅子の回転はしやすい。

グースネックの蛇口にすれば、やや気になるデザイン性も少し解消されます。

んが、そうなるとシャワーが使えなくなるので、介護面ではやや不利か。

標準のエコハンドルがプラスチッキーでこれが見た目でマイナスですね、個人的に。

ストレート形状のカウンターは結構惚れ惚れするシンプルなデザインではある。

TOTO:車いす対応洗面

車いす対応洗面(居室向け)| カウンター | パブリック向け商品 | 商品を選ぶ | TOTO
TOTOのパブリック向け洗面カウンターのご紹介。

こちらはパブリック向けの商品ですね。

パブリック向けということもあって、デザインは凡用。

だいぶスッキリしたデザインなので、自宅のメインの洗面台にはちょっとハードル高めですかね。
ただ、さすがTOTOということで、細かな機能面はLIXILとどっこい。

タッチスイッチの取り付け位置が決められるのが、
部分麻痺のある方にはおすすめです。

ちなみに、昇降式の、台の高さを変えられるタイプもあります。
これがあれば、家族の身長差も、立って使う人も座って使う人も、誰にでも使えるのでいいですね。

さすがの楽天でもパブリック製品はなかったな。

スポンサーリンク

普及用の一般製品よりも値引きは辛い

専門書が一冊3000円とかするように、
一般に出回る用のものではなくて、こういった特別仕様の製品というのは、だいたい値引きされないんです。

TOTOの場合、普及品がサクアになりますが、60センチ幅で定価15万くらいのが、8万円くらいですもんね。

車椅子対応には30万円は覚悟

一方、うちの洗面台は30万くらいしましたね。

そのほか、介護対応に何十万かかかりましたが、将来必要になる経費が、今まとめて、ローンに組み込めたと考えれば、このタイミングでよかったかなと思っています。

スポンサーリンク

ぶちくま家はTOTOの座ってラクラクシリーズ

今回、記事に起こしていて気づいたのですが、なんと、ぶちくま家の採用したTOTOの座ってラクラクシリーズが、ホームページで見れなくなっていますね。

カタログにはまだギリギリで載っていますが、これは商品入れ替えのタイミングでしょうかね。

TOTOの方、製品情報出たら一報ください。

洗面台キャビネットは必要十分確保できる

このタイプなのですが、とりあえず、カウンター下のスペースはある程度確保できる上に、ちょっと収納があります。

さらに、将来的に本格的に車椅子になったときには、キャビネットを外して奥行きを作ることもできる、と書いてあります。

ただ、実際にはこ工事が必要なやつで簡単には外れないのでご注意を。

カウンター幅は90センチの広々設計

カウンター幅は90センチモデルにしたので、結構広いです。

これくらいの広さがあると、車椅子で入り込んでもそれなりにゆとりを持って使うことができます。

また、手前側に水栓金具を持ってきたので、使い勝手はいいと思います。

もちろん、この辺りは実際に障害・機能低下がみられないと左右どちらに取り付けるべきかはわからないので、事前の対応は難しいのですが。

デザインは悪くなかった

側板がチープなんですが、いざはめ込んで見ると側板が見えなくなりました。全く気にならなかったのでよかったです。

収納の化粧板もかなりチープなんですけど、実はこれはオプションで、何万円か追加してちょっと高級感のある仕上げのものに変えました。

どうしても耐えられなかったんですよね、それまで検討していた洗面台の方がかっこいいし、安かったので。

さらに、鏡が見やすいように、スウィング三面鏡を採用。車椅子だと、鏡が奥にありすぎると見づらいですからね。

使用感のレビュー

ぶちくま本人は、ほとんど2階のLIXILの洗面台を使っているのですが。

親世帯はだいぶ満足して使ってくれています。

プチWeb内覧会 ぶちくま家の洗面台

今は車椅子は使用していないのですが、足元がスッキリしているから、圧迫感がなくていいし、はめ込む場所が良かったのか、以外とマッチしてくれています。

化粧板のオプションは不要でしたね、ほとんど目にすることはないです。多分、画像でも全くわからないと思いますが、洗面台下の収納化粧板、意外とキラキラしてます。

カタログで見ると「洗面ボウルがプラスチックぽくて嫌だなぁ」と思っていたのですが、実物を見ると、そんなことはないですね。

まぁ、普通くらい、ですけどね。

ただ、(褒め上手な)友人が見たときに「かっこいい洗面台だね」っていってくれたのは、嬉しかったし救われましたね。

なかなか、こういった車椅子仕様を想定した家づくりの参考になるものがなかったので、
誰かの役に立てばいいかなぁと思います。

ではでは。

Web内覧会浴室
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました