家づくりでの失敗体験公開中!

リビングに障子を取り入れたら程よい光源に【障子紙の特徴と素材】

果たしてどれくらい需要があるのかはわかりませんが、障子についてみなさんにお伝えしたく、記事にしました。
結論から言うと、「障子っていいよね」って言うことです。

リビングにカーテン入れると野暮ったい感じになるのが嫌でした。かといって、ブラインドにすると実務的なニュアンスが出過ぎ。

我が家では、すっきりと清潔感があって、ナチュラルな雰囲気にもよく合う、「障子」を取り入れてみることにしました。

障子は和のイメージが強いですが、実は北欧風ナチュラルにもよく合うので、洋風リビングにも取り入れることができます。

障子紙は種類も材質も豊富に

障子紙といえば「和紙」でした。和紙は吸湿性がよく、張替えが自由に効くというメリットがあり、いわゆる「高温多湿」の和室によく合う建具として古来より重宝されてきました。

和室で布団で眠りたい、という記事にも「昔ながらの建具はメリットが大きい」ということは書きました。

ただ、和紙は張替えの手間が面倒なのと、貼り替えの技術も必要なこともあって、少しずつ敬遠されるようになりました。

ぶちくま
ぶちくま

デザイン性も加味すると、これ以上ないオサレ建具なんだけどね

ただ、現在は「破れない」障子紙が出てきたことや、「障子に洋室に合う布地や下地、壁紙」などを貼ることで、洋室にマッチしたアレンジ障子なども出てきたので、注目を浴びたりしています。

しろくまさん
しろくまさん

古民家が流行ってることも追い風になってるよね

障子紙の種類

障子紙は大きく分けると、前述のような和紙に代表される「パルプ紙」と、紙素材ではない、いわゆる破れにくい「プラスチック」障子紙に大別されます。

さらに、パルプ障子紙の中にも、日本古来の「手すき」のものから、機械で量産される「機械すき」のものに分けられます。

手すきは当然、人件費と技術料のこともあって、高い傾向にあります。さらに、紙に溶かし込む素材によっても強度が異なってくるので、値段も強度もピンキリです。

障子紙の種類・材質を表で比較する

 

障子紙種類特徴メリットデメリット
和紙手すき和紙楮(こうぞ)の含有率によって品質も変わる。伝統工芸品のようなもの。見ているだけで幸せになれる。破れやすく、品質もばらつきあり。何より、高い。
機械すき和紙レーヨン障子紙化学繊維のレーヨンを混ぜたもの。光沢があり、強度に優れ実用的。レーヨン含有率に品質が依存する。
パルプ障子紙植物繊維のパルプが80%を超えるもの最も普及しており、安い。劣化しやすく、強度も弱い。いわゆる、貼り替えが必要なもの。
プラスチック和紙種類は貼り方、会社、強度などでわけられますよく聞く「ワーロン」は会社名。塩化ビニルで和紙を挟み込むのが基本。和紙の風味を表現できる。丈夫。UVカット。水拭き可能。気密性は上がるので、冷暖房効率はよくなる。貼るのが大変。専用の接着剤が必要。たわむ。吸湿性は落ちる。コストが高い。

 

最近は障子紙を可愛いものにして洋風アレンジも

障子の欠点。障子紙が淡白で、のっぺりとした印象しか与えないということ。

ぶちくま
ぶちくま

最近は、おしゃれな障子紙が増えているって知ってました?

障子紙は張り替えることでガラッと部屋のイメージを変えることができるんですよね。ある種、カーテンの交換よりもずっと効果的な模様替えができます。

おしゃれなDIY張替え例

こういう時はツイッターがとても参考になります。

 

 

布地感は木枠が入ることで、もっさりするというよりはスパッとクールな印象に変わるようです。太陽光の透け方が和紙とは違うので、色々な楽しみ方ができそうです。

よめくま
よめくま

間接照明を当てても素敵かも!

既製品も素敵

壁紙のように薔薇の花をレース風にあしらったものや、色味を前面に出してポップな感じに仕上げたものまで。

子供部屋にも使える?

子供部屋にも使えそうなデザインもありますね。

まぁ、子供と障子の相性は悪そうですが(苦笑)

 

障子紙が「破れない」のはもう当たり前

もうね、子供の頃に何回破ったことか、障子紙。

ぶちくま
ぶちくま

その度に母親に、強く怒られたものです。

やっぱり、その伝統をね、ぶちくまも味合わせてやりたいんですよ。

でもね、今の障子紙って、破れないんですよね。

普通の和紙の障子紙であれば、ちょっと唾つけた指先でそっと突き刺せば簡単に破れますよ、悪代官さまごっこの覗き見もなんのそのです。

でも、今の強化和紙や、プラスチック障子紙については、軽く突き指するくらいの強度があります。

プラスチック障子紙

プラスチック障子紙については、「アサヒペン」と「ワーロン」が有名なところだと思います。

プラスチック障子紙の貼り方

貼り方には、両面テープ式と、アイロン式のり(接着剤)式の3種類があります。

ぶちくま
ぶちくま

昔みたいに、新聞紙引いて糊を刷毛で伸ばしてーみたいなのはないんですね。

両面テープ式

両面テープ式は簡易な接着方法なので、気構えなく貼り替えができますね。固定が甘くなるので、長期間紫外線に晒されるなどするとテープの劣化が起こるので、部分的に剥がれたり、重量(プラスチック障子紙は意外と重い)に耐えられずたるんだりすることはあるようです。

アイロン式

アサヒペンのアイロン貼りは人気商品ですね。

アイロン貼りの難点は難しいところですかね。

ただ、アイロンとはいえ貼るのは難しかった…かなりコツいります。2枚して2枚ともシワが入っちゃいました…

 

今回、このプラスチック製の障子紙を使用した所、粘着力は私から見れば強すぎる位でシワも全く出来ませんでした。
アイロンで熱をかけると障子紙が伸びる為、シワが出来ない事が良くわかりました。

あと、アイロンだと剥がす時も簡単なのはいいところですね。アイロンで熱当てると簡単に剥がせます。

のり(接着剤)式

のり式については説明不要かと思いますが。いわゆる障子を貼り替える際に、障子紙にのりを貼って固定するものです。

手慣れた人にとっては、のり式が一番やりやすいかもしれませんが、一度も貼り替えたことがない人には両面テープが使いやすいと思います。

プラスチック障子紙のメリット

  • 強度が高い
  • 貼り替え労力の軽減
  • 子供がいても安心感がある(破られるときは破られる)
  • 気密性が上がり断熱効果がよくなる

張り替えの頻度が少なくてすみます。

断熱効果、まではいかなくても、空気の交通が減って気密性は上がるので、冷房や暖房の効きが良くなります。

ぶちくま
ぶちくま

実際、障子を開けると窓の冷たさに驚きますね。

プラスチック障子紙のデメリット

  • 紙を塩化ビニルで挟んでいるので重量がある。たわみやすい
  • 素材が強いので、貼り替えのさい「くるん」となって面倒
  • 破られた時の衝撃は大きい
  • 吸湿性はないので結露はしやすくなる

当然、和紙よりも重たくなるので、慣れないで貼ろうとすると、結構たわむそうです。

自分で張り替えるのは、できるけど面倒で、うまくいかないと精神的にも響きます。

通気性が悪くなるので、結露する窓とは相性が悪かったりします。

あと、お値段が結構します。コストの高さは、貼り替え頻度が少なくなることである程度帳尻は合うと思います。

破れても紙がいい

レーヨン障子紙

プラスチックには劣りますが、レーヨンを混ぜることで敗れにくくした障子紙です。レーヨン含有率は一般的に40%以上のものをレーヨン障子紙と呼びます。

和紙の感覚はプラスチックよりも高まります。

レーヨンだけじゃなく、マニラ麻や、化学繊維なども混ぜることで、けっこう丈夫だったりします。

質感を楽しむならこちらもオススメですね。

デメリットとしては黒く変色すること

レーヨンパルプは日当たりのいいところに置くと、黒く変色し劣化することがあります。

楮障子紙

まさに障子紙という障子紙でしょうか。通気性と調湿性が自然と保たれるので、「和室らしい和室」構造には一番合います。

値段をみるとプラスチック障子紙と大きく変わらないようですが、耐久性が違いますからね。

自然な明かり取りに最適

障子紙の遮光率はそれほど高くなく、カーテンやブラインドに比べると、透過率は40〜50%と、適度に日光を遮断してくれます。

ブラインドみたいに、角度で微妙に調整したり、レースカーテンのようにちょっとすかせて見たり、という微調整は苦手です。

真っ暗にはできないので、当然、寝室には向きません。

ただ、リビングだったり、日中に自然な太陽光を取り入れたいとき、かつプライバシーを保ちたいときに、抜群の効果を発揮します。

また、夜間も(白い障子紙であれば)カーテンよりもあかりの反射があるので、少ない光源でも明るく感じる効果があります。

感想・レビュー

実際に障子を取り入れて、ほぼメリットしかありません。

ぶちくま
ぶちくま

、、、今のところは。

子供がもう少し大きくなると、いくら強度の高い障子紙といえど、いずれは破られることでしょう。

我々だって、子供の頃は障子を破くのが仕事みたいなもんでしたからね。

本当に、日中は電気はいらないし、目隠しにはなるし、閉めていてもインテリア性が高くてなんだかおしゃれ。

カーテンみたいに野暮ったくないし、ブラインドみたいに実務的じゃないし。

個人的に、新築に取り入れて良かったもの5選には入りそうです。今のところ、食洗機と、温水ルームヒーターは鉄板でよかった。和寝室も上位に来そうな感じかなぁ。

Web内覧会リビング
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

さらに、土地探しの相談もしてもらえます。

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

家づくりをすることを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②LIFULL HOME'Sの無料で「はじめての家づくりブック」をGET

ライフルホームズがお勧めできるのは、「初めての家づくりブック」が無料でプレゼントされるからです。

設計プランも気軽に相談でき、資料請求も建物価格を参考にしながら一括で簡単にできます。気になるハウスメーカーの資料の取り扱いがある場合は利用してみることをお勧めします。

バナー原稿imp
【LIFULL HOME'S】で簡単資料請求!

③【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフやライフルホームズにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

こちらも当然、無料で利用できます。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました