家づくりノートのテンプレートの作り方|書き込みたい項目をリスト化

スポンサーリンク

私の家づくりノートは、パソコンやスマホで完結させるものです。

印刷して自分の手で書き込むのは時間の無駄になることも。

ぶちくま
ぶちくま

複数の住宅会社に提出するなら、コピーを取る手間が。。。

WordやExcelのデータを配布でもよかったのですが、Word・Excelの利用者も減っていますし。表などでまとめると、画像データを貼り付けた時にうまくいかなくて帰ってイライラさせるのも悪いなと思いますし。

今回は項目をコピペしてもらって、WordでもExcelでも、MacのPagesでも、あるいはスマホでnoteアプリでも。

全部に通用するように項目だけ書き出しました。ご自由にお使いください。

スポンサーリンク

家づくりノートの簡単な作り方のポイント

今回は、あくまでも「簡単」を目標に作成していきます。

読者のあなたがやること

  • Wordなどの文書ファイルにコピペ
  • 内容をチェック(読むだけで学べるようにしています)
  • 思いつかなかったら項目を消してメモスペースに

たったこれだけ。

基本となる4つの項目

  • 予算
  • デザイン
  • 間取り
  • 性能

基本はこの4つを掘り下げるだけです。基本的にはわからないものは消していってもらうだけでいいのですが、「予算」の未記入だけはやめましょう。

無料見積もりをとってもらう意味がなくなってしまいます。

スポンサーリンク

一番大事な予算項目

まずは予算ですね。住宅の予算に関する内容はこちらは別の記事を参考に予算計画をしてみてください。

予算に必要なデータ

  • 年収、月収
  • 月間に貯金できる金額
  • 用意できる現金・頭金
  • 用意してもらいたい現金(住宅会社への要望)

予算項目で大事になるノート内容

予算は本当に大事です。

ここをしっかりしていると、住宅会社は「しっかりとした提案をしよう」となりますし、ここがあやふやだと「まずは吊り上げるだけ吊り上げよう」となります。

我々にとってもデメリットです。

こちらの記事でも書きましたが、無料見積もりを使えるのは、時間的にも体力的にも、精神的にも、3社が限度だと私の実体験が申しております。

予算と提示する内容がバラバラだと比較にならない

この大事な3社に同じ条件で比較できる見積もりを提供してもらうには、予算があやふやだと話にならないんですよね。

さらに、各社のアンケートシートを使ってしまうと、内容がバラバラになるかもしれないというリスクもあります。

あくまでも要望書はこちらのものを使用してもらいましょう。

見積もりを比較するなら同じ金額同じ要望で見積書を作ってもらおう!

予算に関する各項目の解説

自作家づくりノートのデメリットでもあるんですが、自分で作っておきながら空白にするとやる気と計画性が疑われます。

書きたくない項目は消してしまってください。空白は「無計画」っぽいので消しちゃったほうがいいです。

収入面は資金計画も相談するなら書いてしまった方がいい

資金計画まで依頼するようなら、少し恥ずかしい気もしますが、収入面も記入したほうが話は早いです。

しろくまさん
しろくまさん

私はハウスメーカーに予算立ててもらうのはお勧めしませんけどね

職業は「ライフスタイル」項目でも重要なポイント

収入面では「安定性」と「上昇率」をみたりもします。ただ、収入としては必須ではない項目です。

土地の相談をするなら

住宅会社と土地不動産は懇意な仲ですので、土地の相談もしてもいいと思います。

会社によっては、立地がいい土地を抑えて、自社で建てさせる条件付きもあったりしますからね。正直、上物(家)よりも土地の方がよっぽど真剣に選ぶべきです。

予算項目のリスト

項目

内容

備考

家づくり全体の予算(      )円別記事を参考にしてください
年収(      )円年収×5が安全圏です
月収(      )円 
ボーナス(      )円ローンのボーナス払いはしない
現在の貯金(      )円 
家づくり用のお金(      )円貯蓄とは別で、家づくり用の現金です(諸経費で飛びます)
頭金として使うお金(      )円家づくり用から、頭金に当てる予定の金額です。見積もり時は無しでいいです。
用意すべきお金(メモ) 住宅会社に「こちらではいくら用意すべきですか」と聞いておくと、諸費用の計算に役立ちます。
職業(      )特に伝えたいことがなければなしで。
土地あり・検討中・土地探し希望 
土地の要望  
補足情報  

コピーしてWordやExcelに貼り付けてください。うまくいかないときは、コピーを何度か試すか「貼り付け方法」を変えるとうまく表でコピーできます。

スポンサーリンク

住宅に期待する性能

簡単ではありますが、解説を交えて説明していきます。

住宅性能に関わる家づくりノートのリスト

  • 耐震性能
  • 断熱性能
  • 気密性能
  • ZEH
  • 省エネ
  • 創エネ

耐震性能についての簡単な解説

住宅性能表示制度耐震等級で表されることが多いです。

  • 耐震等級1:震度6強から7程度の地震でも耐えうる耐震性能がある。(倒壊・崩壊しない)数100年に一度。
    震度5(数十年に一度)なら住宅は傷つかない程度。
  • 耐震等級2:耐震等級1の1.25倍でも大丈夫(学校や病院などの公共施設の基準)
  • 耐震等級3:耐震等級1の1.5倍の地震でも大丈夫。(防災施設の基準)

実は施主が決める耐震等級

耐震等級1は簡易なチェックでいいのですが、耐震等級2になると構造計算などやや複雑な検討方法になるため、1と2でいえば、2の方が信頼性は増すものだと思ってください。

ちなみに、「耐震等級3相当ですよ」とかいろいろな営業文句があるんですが、最終的に、耐震等級いくつにするか、を支持するのは施主です。というか、何も言わなければ「それ相応」の耐震性で建てられるだけです。

ただ、正式に耐震等級を証明する場合、いろいろお金がかかることがあるので、そこは要相談となります。「無理に証明までは必要ない」なら、安くすませることはできます。

耐震だけでは不十分、「制震」「免震」も確認を!

耐震は「倒壊しない」目安の、家の頑丈さ、硬さという「性質」の問題で、地震で安心かどうかは、もっと複合的な問題になります。

最近、よく「制震」「免震」という言葉が効かれるようになったように、「耐震性」は地震に対する安全性の、1部分にすぎません。

断熱性能についての簡単な説明

断熱性能は評価が難しいです。

断熱材の、素材の持つ断熱性能に、その素材をどれくらい使っているか(厚み)、施工が正しくできているか(技術)など、「施工してみないと評価しづらい」部分が多いからです。さらに、施行されても「評価する計測」ができないので、結局、体感の話になります。

気密性も合わせてみますが、断熱と気密は影響しあいますが基本的には別項目です。営業が混同しているようなら注意が必要です。たぶん、その人、何もわかってない。

R値と断熱等性能等級で比較

熱抵抗値(R値)と地域による断熱等性能等級でよく表現されます。Q値、UA値もよく使われますが、計算で出すだけの値なのでどこまで信用すべきかは判断に迷うところです。

北海道でも耐えうる等級、とする場合は、等級1(一番すごい)とすることもできますし、等級3(そこそこすごい)でも嘘はついていません。あえて書かない場合は等級3だったりします。

新潟なら雪で1階が埋まるレベルの地域や山間地は3です。新潟市などの平地は5です。

よく、「北海道基準の断熱性能だから安心」とありますが、別に北海道に合わせることはありません。確かに、基準はやや厳しくなりますが、断熱の性能等級はそこまで重要でないと私は考えています。なので、これは地域に合わせたものでいいです。

必要な熱抵抗値をどこまでとるか(断熱材をどうするか)という問題になります。

みかけとしては「断熱材詰め込み」であがるので注意

先ほど、「断熱の性能等級はべつに大事じゃない」と書きました。

この性能等級、壁と床と天井だけで測ります。

察しのいい人なら、窓とドアが含まれていないことに気がつきます、サッシだけにね。

断熱および気密をあげるなら、窓とドアは超重要です。今回はあげませんでしたが、窓とドアの断熱性能は住宅会社に何を使用しているか確認してもいい項目になります。(いい窓、ドアはその分、高いです)

断熱材の評価も難しい

これも「グラスウールはダメだ」「硬質ウレタン充填がいい」などいろいろありますが、結局、施工技術と使用する厚みと、断熱材の性能によるところがあります。

一応、聞いておいた方がいい項目なのでリストに挙げました。

個人的には「硬質ウレタン」の方が気持ちとしてはラク(グラスウールは施工技術でくそになるので)ただ、ウレタン吹き付けも厚みがでないと意味ないのでどっちもどっち。

断熱性能はR値を計算で出せますが、測定はできないのが現状なので、あまり意味がないといえば意味がないです。

ようは「いい断熱材」を「必要な場所だけ」使って、「厚み」だけクリアすればいいスコアが取れてしまいます。断熱性能はぼやっとしているので、住宅会社の広告と相性がいいので、よく売り文句に使われています。
得られる効果は測定不能。まさに、無意味。

断熱材の熱抵抗値の基準|フラット35

気密性についての簡単な補足

こちらは、ペットボトルの蓋がちゃんとしまっているか、という空気の交通量の性能を表すものです。隙間が少ないほど高得点。

先ほどのグラスウールの断熱材がどうしてだめかっていうと、グラスウール自体は断熱効果は高いのですが、ちゃんと密閉できてないと空気どころか熱も逃げるので、いくら断熱仕様が効果は薄くなります。

よく使われる比較できる数字は「C値」

気密性は住宅建築中に測ることができます。C値という値は「隙間」の広さを表しているので、気密性がいい場合は、数字が小さくなります。

目標の値がある会社なら、目標値が出るまで何度でも施工し直してもらいましょう。私は、断熱性能よりも気密性の方が大事だと思っています。

気密性は、断熱効果だけではなく、換気や結露予防などの、家全体の機能に影響を与えるからです。

私だったら、絶対に気密測定はしてもらいますし、気密測定結果を保証しているところの方がいいですね。

逆にいえば、ハウスメーカーとしては保証の範囲外としたいところなんですよね、どれだけやり直しても測定結果が出なければ無駄な仕事になりますから。

ZEH対応

ZEHの対応はお金と面倒な計算と、技術が必要です。

新潟県のZEH対応メーカーについて【メリットとデメリットのまとめ】
新潟県のZEH対応状況や、「そもそもZEH基準を目指すべきなのか」という点についてあれこれ考えてみました。
  • エネルギー
    オール電化かガス併用か
  • 創エネ方法
    太陽光発電、エネファーム
  • 省エネ方法
    エコキュート、エコジョーズ

家の性能の家づくりノート表

項目要望備考
耐震性能 住宅会社に聞くところ(耐震性能を上げる工夫は何か、具体的な指標は説明されているか)
耐震等級1・2・3 
制震対応制震ダンパーなどだいたいプラス50万円くらいでできる工事です。
免震対応免震装置などだいたい200万円くらいですがピンキリ
断熱性能熱抵抗値(R値)(  )断熱等性能等級(  )公表している断熱性能があれば
使用断熱材(     )厚み(     )使用している断熱材と、厚みを確認する。施行中、吹き付けだったら厚みを測定し、基準に達していなければやり直してもらう。
気密性C値(    )建築中の測定検査(する・しない)保証(あり・なし)見積もり段階で気密測定をするか、測定した場合、メーカーで保証しているところまで工事をやり直すか。
ZEH対応あり(金額:    )なしZEH対応は結構大変です
省エネエコキュートなど 
創エネ太陽光発電、エネファーム電気を作るシステムが必要かどうか
スポンサーリンク

好きなデザインは画像貼り付けが楽チン

デザインに関しては、余白にどんどん好きな画像を貼っていきましょう。言葉で伝えるよりずっと楽です。

「〇〇風」とか、言ってる方もよくわかんなくなりますよね。和風モダンとか、プロヴァンス風カントリー調とか、ゴシック様式とか、もう何が何だか。

「外観」と合わせて検索するといいそれっぽい単語一覧

プロヴァンス風の外観例を検索する
外観は簡単に探せる

外観を調べる際に役に立ちそうな感じの言葉をまとめてみました。自分が想像している家ってどんな感じのものか、色々検索してみると楽しいですよ!

和風古民家和モダン旅館再生家屋別荘風
アメリカヴィンテージカントリー西海岸ブルックリンニューヨーク
イギリス付近ブリティッシュアイリッシュヴィクトリアンコートハウスコッツウォルズ
北欧ナチュラルノルディックスウェーデンログハウスカフェ
南欧フレンチプロバンスギリシャ風ゴシックアンティーク
リゾートバリ島地中海モルディブ南国コテージ

お気に入りの画像を見つけたらとにかく保存して共有する

今の時代は、情報過多にはなりがちですが、夫婦で情報を共有する分には便利な時代になりました。

家づくりノートを作る方法という記事内でも画像共有については触れましたが、LINEなど普段使っているコミュニケーションツールでも簡単に代替できるので、ぜひトライしてみてください。

スマホだけでできる、家づくりノートを簡単につくる方法
家づくりノートはハウスメーカーと相談するのにも使えるし、家族で情報共有するのにも大変便利です。でも、作るの面倒です。今回は、iPhoneやAndroidのアプリを使って、簡単に家づくりノートを作る方法を伝授します!

また、家族で写真や画像を共有する際に便利なアプリに関してはこちらにまとめましたので、好みの方法で「家族が目指す家づくり」のイメージを固めてみてください。

家族で写真を共有するための方法「データクラウドサービス」
私はiPhone使いです。ただ、Appleと添い遂げようとは思っていないので、基本的にはAppleのサービスだけには依存せずに、GoogleやAmazon関連のクラウドサービスなんかも利用しています。ぶちくまiCloud...
スポンサーリンク

間取りは家づくりノートで一番手間がかかる

間取りは自分で決めようとすると大変です。というか、我々のような素人が失敗する原因です。まずは「生活スタイル」を見つめ直して、ある程度の動線を考慮した方がいいです。

収納計画については、間取り次第なところがあるのですが、「すでに搬入が決まっている大型のもの」については事前に伝えておいた方がいいですよ。

ちなみに、私たちの家は、2階にリビング・キッチンを作ってもらったのに、スリムサイズの冷蔵庫も搬入できませんでした。(計画性がなかった証拠ですね)

間取りの基本項目リスト

  • 生活スタイル(寝室を動線から外す、など)
  • 家事動線の優先順位(水回りと物干しの距離感、など)
  • 家族構成(子供の帰宅動線)
  • 階段位置

生活スタイルに置ける家づくりノートテンプレート

 チェック項目備考
生活スタイル 家族構成、職業上の配慮(夜勤など)
仕事帰宅時間、就寝時間の違い仕事上の配慮が必要なら(子供が寝てからの帰宅だと帰宅動線から寝室を外す、など)
家族構成子供部屋、2世帯など配慮が必要か子供部屋は2つつくるなら将来壁を作る方法も。(小さいうちは利用機会の少ない部屋になるので)
就寝時間の配慮 夜勤などの時差勤務だと、動線から寝室を外すか昼寝部屋をつくるといい。
子供の帰宅動線子供部屋の位置リビングを通るように、など
趣味大型収納、防音部屋、棚(CD,本などどのサイズが欲しいか)防音は超高級品なので、どこまで求めるのかは入念な打ち合わせが必要
子供の部活、習い事、勉強練習スペースや、リビング勉強なら本棚の位置など確認子供が小さいとわからないけどね
ペット出入り口にシャワー、部屋熱帯魚とかだと水槽スペースと電源取りも必要
介護対応バリアフリー、廊下幅、手すり、スロープ介護保険適応になるので、リフォームの方が安く上がることも
家事動線水回り、洗濯、 

間取りの各部屋のチェック項目

  • リビング:吹き抜け、階段位置、広さ
  • ダイニング:リビングとキッチンとの距離感
  • キッチン:形状 対面、アイランド、壁付、別室
  • お風呂:広さ1坪(やや狭い)1.25坪(ほんのり広い)
  • 子供部屋:数、後から壁を足す、など
  • 寝室:ベッドのサイズなど注意。化粧台や書斎などを隣接するか
  • サンルーム:個人的には必須。屋内物干しは天気に左右されず、除湿機設置だけで簡単に乾くのでおすすめ。

部屋と合わせて収納計画も立てよう!

  • 収納計画(優先度、間取りと予算)
  • すでに決まっている大型収納家具(タンスなど)あれば:サイズ
  • 各部屋:クローゼット、押入れサイズ
  • シューズクローク
  • ウォークインクローゼット
  • 納戸
  • 外部収納
  • 階段下収納

 

間取りの部屋別家づくりノート項目

 チェック項目収納計画備考
リビング広さ(   )家具(ソファの大きさ:   、テレビ台:   )掃除用具、こどものおもちゃ、ニッチに写真飾る、スイッチ隠す、電源位置収納計画は絶対にしておく(リビング収納超大事)
ダイニング広さ(   )ダイニングセット、キッチン側にカウンター食事の道具など子供をリビングで勉強させる、家事スペース確保なら別にカウンターの設置など
キッチン広さ(   )形状(アイランド、対面、壁付I型)パントリー(食品庫) 
お風呂広さ(1坪、1.25坪、1.5坪、脱衣所、洗面所掃除用具、着替え、バスタオル干し、汚れた洗濯物 
トイレ1階(   )2階(   )トイレットペーパー、掃除用具などの収納 
寝室ベッドサイズ、布団、夫婦同室、別室などの対応布団、来客用布団、シーツ、布団、布団乾燥機ベッドにする場合、赤ちゃんをどこに寝かせるか、スペース配慮必要。
サンルーム(必要・不要)どこで物干しするかハンガー、大物を干す道具(布団など)、洗濯機の位置どこで物干しするか。洗濯機の位置は要検討。乾いたものを運ぶより、濡れたものを運ぶ方が大変。
収納部屋シューズクローク、ウォークインクローゼット、納戸、外部収納大型家具、季節家電・家具、子供の作品など 
スポンサーリンク

家づくりノートテンプレートのまとめ

記事をお読みいただきありがとうございました。

ぶちくま
ぶちくま

こう、もっとiPhoneのアプリとかにしてチェックするだけで簡単プリントアウト、みたいな感じにできれば良かったのですが。力及ばず。

最後に、簡単にページ内容をまとめて「家づくりノートはこうしたらいいよ」みたいなことがお伝えできたらいいかな、と思います。

家づくりノートをつくるということ

家づくりノートを作る目的
  • 住宅会社は「どんな家がほしいか」の情報がわかればいい
  • 伝え忘れることがなければ特別なフォーマットはいらない
  • 私たち施主は複数の会社に依頼する都合、少しでも手間を省きたい
  • 相見積もりは印象は悪いが、効果的に「各社の本気」がわかる
  • 家づくりノートで相見積もりすることで「条件が整う」
  • 理想の家を建てるためには、会社に気を使うのではなく「できる会社と出会う」ためだと割り切る

私の家づくりを始めた、つらかったのは「会社を選ぶとき」です。

「断るのが申し訳ないな」と思ったり、見積もりしてもらった会社に急かされたりして、なんだか感情の揺さぶりが強すぎて一時期「家づくり辞めたい」と思ったくらい、つらい時期でした。

ぶちくま
ぶちくま

営業だから「みんないい人」に見えるのは当然というか作戦なんだけど、それでもやっぱり断ったりするのはつらい気持ちになるよね。

家づくりノート以上の情報を引き出せる会社でもいい

家づくりノートはあくまでも「各社勢揃いの状態でのたたき台」です。こちらが用意した家づくりノートを活用して、自社のメリットを生かしていろいろな提案をしてくれる会社なんかは「いいなぁ」と感じるところ。

一方で、「この予算じゃできない」で終わるところは少し残念。具体的に「ここは我慢することになるけど、その代わりここはもっと上手くできる」などの代替案をどんどん出して「家づくりを一緒にできる」と感じられるところなんかを選ぶと「家づくりが楽しくなる」と思います。

家づくりノートのまとめ方

家づくりノートの要素に関する情報をまとめておきます。

家づくりノートのまとめ方のポイント
  • 家づくりに「テンプレ」はなく、あくまでも「たたき台」であるということ
  • 些細な情報でも相手に伝わるように工夫する
  • 画像の活用は一番手っ取り早い
  • 資金計画の「超えざるライン」はしっかり共有すること

予算だけは妥協しない

お金をかければいい家が建つ、ということもないのが住宅業界の罠でもあるのですが、資金に余裕があった方が提案のバリエーションが増えるのは事実です。

一番いいのは、「この家はもっと予算出せそうだな」という雰囲気だけ出しておいて、しかし当初の予算を絶対に超えさせないこと。

しろくまさん
しろくまさん

予算が少ないと、住宅会社としては「切り捨ててもいい客」になってしまうので、対応がガラッと変わることも。予算はありそうな雰囲気を出すのって案外大事。

ぶちくま
ぶちくま

だけど、予算の不可侵ラインは絶対に作っておく。「頑張ればもうちょっと出せるかも」は契約した後でいいので、計画段階では絶対に当初の予算で収まるようにして、契約までは乗り切りましょう。

家づくりノート
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました