実践編⑨契約したハウスメーカーはあまり施主フレンドリーではなかった

ぶちくまが契約に至ったD社との、契約までのお話です。
D社はかなり傲慢で不親切な会社ではありましたが、提案された間取りは良かったし、見てきたオープンハウス(見学会)も、他のハウスメーカーとはレベルが違って見えて興奮した(目の錯覚)
最後に、契約から得た良いハウスメーカーのチェックポイントもまとめています。

前回の記事から3ヶ月も空いてしまいました。

工務店とハウスメーカー、新潟ならどちらがお得【住宅会社の規模の違い】体験談⑧
新潟に多い小中規模のハウスメーカー。ぶちくまも中程度のハウスメーカーと契約しました。 今回は、そのくらいの規模でも安心して家づくりは任せられますが、メリットデメリットがあるので選定は慎重に。 初登場となります、契約に至ったD社についての...

全く進んでいない実践編をちょっと集中的に書いていきたいと思います!

ローコストでそれほど規模は大きくないD社というところに決めたぶちくま。

今回は決めるまでのD社の対応を振り返り、「今考えると、この会社は結構不親切だよね」と思うところがあったので、それを記録しておいてやろうと思います。

大手ローコストハウスメーカー3社で悩んでいたところ

いえば誰もがわかる大手ローコストハウスメーカーをめぐり、見積もりなど出してもらっていた頃。

D社のオープンハウス(見学会)が近所でやっていたので行ってみました。

大手ばかりみてると見飽きる

これはローコスト巡りをしているとあるあるだと思うのだけど、ずっと似たような家ばかりみて回っていると、ちょっと違う家を見ただけで「このハウスメーカーすごい!」みたいな感覚に陥ります。

特に、小規模のハウスメーカーなんかはデザインも頑張ってるところが多いから、たまに気合入った家に出会うと、「自分もこんな家に住んでみたい!」とテンションが上がってしまいます。

お金をかければいい家が建つのは当然

ただ、注意しておきたいのは、どんなハウスメーカーだって、お金をかければそれなりにいい家に見えます。

というか、いい家はお金がかかっています

そのハウスメーカーの平均的なお値段よりも頑張っている家だって、当然あります。

そういう家を最初に拝見してしまうと、「このお値段で、こんなにいいお家が?」みたいな錯覚に陥ります。

ちゃんと、いくらで建てた家かは聞いたほうがいいでしょう。

営業トーク炸裂!舞い踊るぶちくま

住宅会社の営業について書いた記事は、実践編のB社についての記事が参考になると思います。

中小規模でも「ローコスト」と名乗れる

ぶちくま
ぶちくま

ローコストなのにこんなにいい家が建てられるなんてスッゲェ!

と、子供のようにはしゃいでおりました。

営業も、

きつね
営業

よそではここまで安くはできないですけど、うちならできるんですよ

と言いながら、完全に鴨がネギ背負って、蕎麦まで咥えてやってきたと思ったことでしょう。

「安さ」の理由は大切

ローコスト住宅を選ぶ上での注意点という記事でも解説しましたが、「安さ」についてはしっかりと考えたほうがいいですね。

例えば、本当にコストだけが安くて「坪単価30万円台!」という「安さ」もあります。

一方で、「積水ハウス」のような(私にとっては)高級ハウスメーカーと同じようなクオリティを保ちながら、ずっと安い値段で建てることができる「安さ」もあります。

どちらも「ローコスト」と名乗ることは自由なので、うっかりすると思ったよりも建築費が高くつく可能性はあります。

ぶちくまが見積もりとってもらったHMの悪口も炸裂

口コミも営業トークも信用するな、が今のぶちくまがこれから家を建てる方達に伝えたいこと。

他社の悪口を言うところは信用するな

ぶちくま邸を建てたハウスメーカーの営業切り口はこうでした。

わざわざPCの写真をみせてですね、

きつね
営業

あの会社はこういった違法建築をしているんです

とか、

きつね
営業

ここ見て、わかりますか? 素人だとわからないのですが、プロがみると一目瞭然で、手抜き工事だとわかります

とか。

かなりの煽りっぷりで、煽り耐性のない純粋なぶちくま夫婦は不安になりました。

きつね
営業

他所の悪口を言うのは気持ちのいいものではありませんが、少しでも後悔のない家づくりをして欲しいんです

とか、そういうことを言っておりました。

後日談になりますが、結果から言えば、うちのハウスメーカーも、かなり大規模な施工ミスをやらかしたんですけどね。どの口が言ってるんだ‼︎と今なら思う。そんな大揉めした記録は、乞うご期待!

手のひらで踊らされるぶちくま夫婦の図

こんな煽りを受けたら、誰だって不安になりますよね。

当然、こんな煽りで不安に陥れて他のハウスメーカーから契約をもぎ取ろうとするところは、ろくなところではありません。

自社の自慢できるところで差別化を図るべきところを、それがないからと悪口しか言えない、だいたいそんなところです。

とりあえず他所の悪口を言うところはやめとけ!

これだけは赤字にして言いたいね。

心配なものは心配だから施工ミスに怯える

しかし、我々ぶちくま夫婦は悩んでしまいます。

よめくま
よめくま

ずっと施工ミスに怯えて家を建てるのは嫌だよねぇ

ぶちくま
ぶちくま

こんなに自信満々に言って、自分のところが施工ミスするとかは流石にないよね

 

ベビくま
ベビくま

むにゃむにゃ(値段も、他のところより少しは高いけど、それで安心が買えるなら安いかなぁ)

とか、まぁ、連日そんなことを話し合ったりしていました。

だって、ちょっとお金を出して、あんなにいい家が建てられるならいいよね」と。

疑心暗鬼の日々

人の悪口を言う奴は、心の底から軽蔑していますが、あの頃のぶちくまたちには、いったい誰が嘘をついているのか、皆目見当もつかなかったのです。

超絶疑心暗鬼状態でございました。

言うがままに契約してしまって後悔の日々が始まるの巻

そこで、一つの結論です。

まぁ、そこまで言うなら、逆にどんな間取りや見積もり出すのか気になるよね

そう言うことです。

今考えれば、まさに相手の思う壺でございました。

ぶちくま
ぶちくま

やれやれ。

施工ミスや大工の力量で住宅会社は選ぶな

家を建てて本当に思うのですが、施工力、大工の力量は、住宅会社は好きに話せるので「営業トークの力」でしかないのですね。

もっと客観的な指標を提示できる会社を選ぶべきです。

ちなみに、お勧め住宅会社についてはこちらを参考にしてみてください。

2019年新潟でオススメのローコストハウスメーカーを紹介!
2019年版の新潟ローコストメーカーまとめを作りました。まずは会社選びのために必要な知識を簡単にまとめてあります。大手メーカー3社としてハーバーハウス、パパまるハウス、イシカワ/ステーツをチョイス。また、大手で満足しなかった方向けのオススメの会社もピックアップしたのでご覧ください。

この住宅会社は悪徳だと感じた言動まとめ

「見積もり出すなら他所の打ち合わせを断れ」と傲慢発言

3社同時並行打ち合わせで、我々も疲れていたんです。

そんな中、D社にも見積もりをお願いしようとしたところ、

きつね
営業

うちは大きな会社ではなく、最小限のスタッフでやっているので、見積もりを取るにしても、まずはうちと契約することを前提に進めさせてもらいたいんです。まず、他所の打ち合わせを断ってもらって、それからうちで見積もりをとってください

と。

こうおっしゃるわけですよ、うちが契約したD社は。

今だから言える。

ぶちくま
ぶちくま

こんなのありえないからね!

いや、小規模だからなんでもかんでも見積もりを取ったり間取り図作成することはできない、と言うのはわかる。

でも、何の情報もないのに、営業トークだけで、契約前提じゃないと見積もり作らないだと?

ぶちくま
ぶちくま

思い上がりもいい加減にしやがれぃ!

と、怒鳴りつけたくなるところです。

ですが、当然そんな度胸も甲斐性もないぶちくまですから、言われた通りに、一度全ての打ち合わせをキャンセルするんですね。

いや、ほんとありえない。

例えばね、カタログとかを見ながら打ち合わせを進めた上で、とかある程度想像つくならいいんですよ。

ある程度の品質が保証されているとかね。

有名な話ですが、例えば住友林業の場合は、申込金で5万円取る、というのがありますね。
いっそこれならスッキリしていいと思うんです。
「5万円も払えない奴はうちの客じゃねぇ」
ていのいい、門払い制度だと勝手に思ってる。
こう書いておきながら、ローコストHMがやってたら「調子にのるな」と言いたくなるとは思う。

いい家づくりには、複数会社で比較するのは当たり前

最低でも3社は見積もりや打ち合わせを進めてみて、徹底的に比較しましょう。

「他を断らないとうちでは建てない」と言うのなら、一番後回しにしましょう。とにかく、住宅会社の良し悪しは、プランを建ててもらい、見積もりを出してもらって、提案力とコストパフォーマンスを提示できる会社をしっかりと選ぶべきです。

だから資料請求は大事

ほんと、資料請求は大事です。家の知識を手っ取り早く集めるなら、集められる限りの住宅会社の資料を請求するべきだと私は考えています。

私が家づくりで後悔していることの一つが、資料請求をせずに何も知らないまま家づくりを始めてしまったことですからね。

私が家づくりで失敗したことランキング【3つの過ちと唯一の成功】
家づくりで失敗したことは3つです。圧倒的な知識不足でそのまま家づくりを開始してしまったこと。何となく奥さんに促されて家づくり始めると、展示場とかモデルハウスにいきがちですが、あれは間違いですからね。住宅ローン選定。200万以上損しました。あと、住宅会社選定。

トラバサミに足を挟まれ身動きが取れなくなる

はい、結局、このD社に見積もりを取ってもらったわけですね。

この見積もりも、かなりアバウト、というかざっくりでね。

きつね
きつね

最終的にはもっと安くします、サービスします!

契約前はこんな調子のいいことを言うんです。

見積書アバウトすぎ

一応、それらしく「何に」「どれくらい」かかる、とは書いてあるんですけどね。

どこの建具の、どのグレードなのかとかは一切書いてないし。

地盤工事費ぼられる

地盤工事も「多めに見積もっていますから」と言いながら全額とられるし(後日談)

それでいて「これより安くなるように頑張ります」とか、何の根拠もないことを言いやがるんですよね。

ただ、提案された間取りは最高だった

まぁ、これに尽きるよね。

もちろん、打ち合わせの回数をこなしていけば、他のメーカーも同じレベルの間取りまで
たどり着けたとは思う。

「そこまで言うなら理想の間取りを引いてみせろ!」と言わんばかりに、特に他所に出した希望までは伝えず、同じ条件で間取り作成を依頼したところ。

連絡くれる会社は信用できる

この会社だけは、結構細かなところまで逐一連絡をくれて、「ここの間取りなんですけど、広さはこれくらいにしてもいいですか」とか、「子供部屋の数は減らしてみてもいいですか、理由は…」

みたいな感じで、ちゃんと連絡をくれたんですよね。A社という県内最大規模の大手ハウスメーカーは、ありえない日程を組んでおきながら、連絡もせずに早朝訪問してきましたからね。

しかも、こちらの希望に対して、独自の提案を混ぜてくれたのも初めてでした。

ぶちくま
ぶちくま

他の会社はこちらの要望を強引に取り入れて、しっちゃかめっちゃかになったプランばかりでしたからね

ここまでしてくれるのは、D社はもしかして結構いい会社?

そういったわけで、一発目の間取りからすでに合格点。

しかも、値段は大体他の大手ハウスメーカーと同じくらい。

「これならいいんじゃない?」と一気に心が傾きました。「建具のことはわからないけど、一応、高めのグレードのトイレとか、キッチンとかにできるみたいだし」
と。

結局D社に決めた理由は何か

D社の良かったところまとめ

  1. 打ち合わせ回数が少ない中で、理想の間取りを書いてくれた
  2. 他は連絡ミスが多かったが、ここは積極的に連絡をとってくれた
  3. 他所の悪口を言って印象が悪かった分、いい面が見えたら不良が捨て猫拾う効果で、ギャップでいい会社に思えた
  4. 値段は手頃で予算内、かつ建具は上級品(だと言い張って)提供すると約束していた。
  5. すでに半年以上待ちの状態になっており、早くしないと希望の期限までの家づくりができなかった。
  6. 大手は手抜き工事すると惑わされ、大工の質がいい(と言い張る)D社が魅力的に思えた。

D社のよくないところはどこか

  1. 契約の時まで見積もり内容は不鮮明だった
  2. 結局、「D社のいいところ」がどこなのかストロングポイントがわからないままだった
  3. ざっくりとした見積もり(一般的な契約だとこれくらい、みたいな)だけでも提案してから、他所の打ち合わせを断って欲しいと言う打診をして欲しかった。
  4. そもそも、見積もりを取らずして他所を断って御社と契約する決定打は、一体何なのでしょうか。

正直、今でもD社は不親切だなと思いますし、同じようなことを言うHMがいたら、注意しろとぶちくまは言いたい。

反省点を活かした良いハウスメーカーのチェックポイント

明瞭会計が基本

  • 契約前に、何にいくらかかるのかしっかり提案できているところ。
  • 「最終的に値引きします」は当てにするな!

他社の悪口を言うところは信用するな

  • 自社のメリットを上手に伝える、かつ自社のデメリットも説明できれば上出来
  • 悪口は人の気分を悪くするだけじゃなく、自社の長所を語れない会社がすることだと思え!

提案力は重要!

  • 契約とるために希望だけ盛り込むような間取り・見積もりには注意。
  • どうしてこの間取りにしたのか、どこにどのようにお金をかけたいか、ちゃんと説明できるところにしよう

打ち合わせがスムーズに行えるか

  • 同じ内容を伝えてもなかなか修正できないところは、打ち合わせに倍以上時間がかかる。
  • 連絡を疎かにする担当はいつか大きなミスをするから気をつけろ!
  • 打ち合わせ回数は制限があるところもあるので、確認しておこう。

 

HM選定
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました