家づくりでの失敗体験公開中!

県内大手ハウスメーカーの若手社員が担当になりかけたので断った体験談

みなさん、ハウスメーカーはどうやって決めましたか?

あるいは、今、ちょうどお悩みの方もいらっしゃると思います。

私は4つの住宅会社を訪問しました。

1社はコミュニケーションエラーからお断りし、この記事では初めて無料見積もりをとってもらったB社についての経緯について説明します。

本日は、見積もりを取ってもらったB社との懐かしき思い出と、どうして契約までに至らなかったか、振り返ってみようと思います。

大手ローコストハウスメーカーでの見積もりポイント

ローコストハウスメーカーは見積もりで価格勝負に持ち込もうとする

B社は、先にブログに登場したA社と競う、新潟大手のローコストハウスメーカーです。

もしも、相見積もりを取るなら、この2社で競わせると面白いかもしれません。

A社もB社も、コストを重視する場合はかなり強い(かなり安い)ので相見積もりに持ち込もうとするんですよね。

しろくまさん
しろくまさん

同じ間取りで同じ仕様にしても100万円以上安くできるからね

ぶちくま
ぶちくま

おしゃれメーカーで間取りをつくってもらって安くローコストで建てればお客さんにとっては嬉しいことばっかりだね

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、そうなればいいけどね。でも、本当にそうなるだろうか?

ぶちくま
ぶちくま

えっ、今、失敗フラグたてました?

安さだけでは施主の満足度は決まらない

わたしが家づくりを始めた頃に重視していたポイントがあります。

  1. 施工不良がないこと
  2. 安いこと(予算内であること)
  3. デザインがいいこと
  4. 性能のいい家を建てること
ぶちくま
ぶちくま

何より施工不良、いわゆる「手抜き工事」が怖かったですね

ただ、これが基準としてはそもそも間違いでして。

施工不良がない、なんてどこの住宅会社でも言えることなんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

実際、見積もりの際にも施工ミスのこととか色々聞いたんですけど、他社の悪口を誘発するばっかりで結局、参考にならないことが多かったです。。。

他社の悪口を聞けば聞くほど「ちゃんとしたところで建てないといけない」

ぶちくま
ぶちくま

そのためにはお金をかけないといけない(焦)!

という気持ちになっていきました。

これが、私の家づくりの失敗経験のひとつですね。

B社はコスト面では満足した

ぶちくまがまだ見積もりを取ってもらっていた頃の話で言えば、B社の方がより自由度の高い家づくりをしていたし、経営面でも、B社の方が安定感があるかな、そんなイメージがありました。

ゆえに、安さだけでは天秤にかけられない、というのは前置いておきたい。

B社との出会い

モデルハウスはやめておけ

さて、そんな大手B社でございますが、出会いはどこかと言えば、総合展示場でした。

ん、ちょっと待ってくれと。

ぶちくまは散々、ローコストで大事なのはコスト管理を以下に取っているか、というところで、カットできる広告費などを以下に縮減し、人員数も適切かどうかを見てみろ、
と言っていたじゃないか。

くわしいひと
くわしいひと

顧客負担の大きい総合展示場なる魔の巣窟に自ら足を踏み込むなど愚の骨頂。

建てるのにも何億とかかる上に、維持費も年間何千万とかかる展示場のモデルハウスなぞ、装飾品のひとつひとつも自分が建てる家から出されていると思うと身の毛もよだつホラーエクスペリエンス。

おいおい、これ一部屋いくらだよと集中して見学もできない、と思うところでありますが、とにもかくにも、エンターテイメントとアミューズメントを求めに総合展示場に行くのは悪いことではありません。

家づくりの最中は、総合展示場はデズニーにも勝るテーマパークですからね。

どうでもいいこと書きました。

どうでもいいことをまとめた記事もあります。

B社の評判とかは実際に建てた友人の話で知っていた

もともと、すでに家を建てた友人はB社で建てたということを聞いていたので、名前は存じ上げていました。

ローコストと言えば、○百万円でこんな家が!みたいな煽り文で、時折アパートの新聞受けに投げ込まれる安っぽいチラシのイメージが強かったのですが、B社は大手なので当然HPもしっかりと作られているし、チラシもA3版の立派なものが用意されていました。

 

ハイセンスまでいかなくても、安っぽい感じはしなかったので、最初から好印象でした。

総合展示場での体験談

B社の総合展示場は、ある意味で総合展示場にふさわしく、豪華な佇まいとなっております。

なので、ある意味では自分の家づくりの参考にはなりません。

おそらく、B社が本来提案する価格帯からはかけ離れた仕上げになっています。

んが、「ここまでできる!」という限界を知る点ではいいでしょうし、「ここは真似したい」というポイントを探しに展示場を巡るのはアリだと思います。

まぁ、個人的に真似したいなぁ、という点はB社の展示場にはなかったのですが(苦笑)
こればかりは好みの問題もあるしね。

アンケート地獄はちゃんと待ってる

展示場に入ると、どこのメーカーもそうですが、だいたい営業がアンケート取りに来ます。

前の記事にも書いていますが、書くかどうかは十分に考えてから。

ぶちくま夫婦の元に来たのは、なんとなく気が弱そうではあるものの好青年の若いにいちゃんでした。

あまりグイグイくる感じではなく、それでいて気になったところは説明してくれるいいバランスで、この人なら打ち合わせでも気兼ねなく話せそうだな、とこちらも好印象。

この時点で、標榜価格もHMの雰囲気も、営業担当もクリアするという、いつにない好スタートを切りました。

見積もりを依頼しよう

無料見積もりのポイントは、別の記事でも書いてあります。

家づくりノート

まぁ、有名ローコストハウスメーカーだったので、依頼して予算を大幅に超えることはなかろう、という安心感もあった。

そういうわけで、促されるままに見積を依頼。

見積を作るために、家づくりノートなるもの渡される。

家づくりノートについての記事も書いたのだけれども、ざっくり言えば、家づくりの要望を記入していく、というもの。

これは各社それぞれの様式があるのだけど、毎回記入するのは面倒なので、自分で作った家づくりノートのコピーを渡せばよろし。

もちろん、初回だったこともあり、そんな知恵もなかったので、その都度書いたりしていたのですが。

ざっくりとした要望を伝えると、すでに土地がある方の場合だと、土地の採寸・調査を行います。

土地調査・解体費用

何回か見積りしてもらうと、もうこれ各社合同にして一回でいいんじゃないの、って思うのだけど、毎回土地を見にきます。

空き地なら勝手に見てもらえばいいのだけど、実家の立て直しとかだと、毎回対応しないといけないので面倒ではある。

ここで、解体費用なども一緒に見積もってもらうのだけど、解体業者が一緒でもハウスメーカーによって値段が結構違うことに気づかされる、っていう記事も書いたのでご参考までに。

ちなみにB社は最安よりもプラス60万といったところでした。
バカにならないですなぁ。

2週間ほどで間取り図完成

2週間といえど、他のメーカーと同時並行していると地獄の如く忙しくなります。

ぶちくま
ぶちくま

まじで、家づくりはゆっくりと決めた方がいいです。

ぶちくま夫婦は、同時に3社並行していたのですけれど、夫婦共働きで不規則勤務なので、休みがあった時はほぼ家づくりの打ち合わせ、という感じでした。

B社の間取り図に対しての満足度は

これは個人的な感想ですが、B社はこちらの希望を全て取り入れようとしてくれました。

しかし、予算も部屋数も、シュークロークも納戸も2階シャワー室も全てぶちもうとしたがために、できあがった間取り図はとても魅力的とはいえないものでした。

ぶちくま
ぶちくま

希望は全部取り入れたけど、キッチンもリビングも寝室も全てがぎゅーぎゅーすぎて、これならアパートに住んだ方がマシ、という感じでした。

確かに、希望を取り入れない限りは顧客のニーズに応えられないものとして、候補から外れてしまう、というのはわかります。

でも、相手は初めての家づくり、素人ですから、「どこを諦めると、こういうメリットがある」というのをしっかりと伝えてもらいたいんですよね。

ちょいとあまりにも理想と現実がかけ離れすぎていてショックを受けた、というのが正直なところでした。

それに、B社の広告に入っていた「全てコミコミ〇〇万円!」が反映されていなかったので、

ぶちくま
ぶちくま

あれ、うちは広告の値段よりもずっと高い値段なんだけどどうして?

という疑問がでてきて、少し嫌になりました。

B社にローコスト住宅の大工の話を聞いてみた

B社の不安だったところと言えば、他社がよく「あそこは大工の腕が悪いから手抜き工事が多い」
というものでした。

特に、我々の世代って、大規模な手抜き工事が露見し始めた頃で、テレビ番組とかでも、「杜撰な手抜き工事で家がカビだらけ!」みたいな特集とかが組まれたりして、とかくその辺りに敏感ですからね。

さらに、幼い頃から不況だったこともあって、倒産の恐怖も第一に考えます。

それが不安で、とりあえず大手にしておこう、なんて考えが多いのも我々ぶちくま世代の
特徴なのではないでしょうか。

建築中にメーカーが倒産!なんてニュースも何度か見ましたからね。

B社は倒産はないだろうけど、手抜き工事はありそうだな、というのがB社の一番の懸念事項でした。

そういうわけで、一番契約に近いと考えられたB社には率直に聞いて見ました。
「あんまり安くて心配なんだけど、大工って大丈夫?」って。

B社の大工は仕事の少ない大工と契約している、らしい

その営業曰く、値段が抑えられているのは、辺境の地の大工などが手を空けているときに、なるべく安く施工を依頼しているから、ということらしいです。

ぶちくま
ぶちくま

仕事のない大工に安く頼んでる、ってことだね!

んで、ちょうどB社の手抜き工事が話題になった頃っていうのは確かにあったはなしだったらしいけど、

きつね
きつね

今はそういうところとは契約していないから安心しろ

っていう話らしいです。

大工が手抜き工事やずさんな管理をする理由

大工も収入を得るのが大事。

もらえるお金が少ない時は、自分たちの取り分を少しでも増やすために、釘けちったり、材料費浮かせたり、あるいはなるべく少ない人数、短い工期で終わらせたり、そういうことで手取りを増やしたりすることが横行していたようです。

大工が手抜き工事をして悪循環に陥る

  1. 賃金が少ない
  2. でも報酬は得たい
  3. 材料費を削って負担を軽減
  4. 少しでも早く終わらせて次の仕事に移りたい
  5. 手抜き工事
  6. さらに仕事が減る
  7. 1に戻る

今は、そういうのにも目が厳しくなったらしいので、以前ほどは手抜き工事っていうのはなくなった、みたいだけどね。

実際のところはわからんよね。

まぁ、工期短いところと、あまりにも人が少ないところは注意した方がいいかも。

普段契約していないところから大工を見繕ってくるのもリスクってことだね。

つまり、契約数の増減が大きいところは不安定な施工となる可能性大ですな。

最近急成長のA社も怪しいところとぶちくまは思っている。

手抜き工事に注意するポイント

手抜き工事をする大工は特徴的です。

先ほどの悪循環に陥るような建築会社が悪いだけで、基本的にどこも丁寧な仕事をしています。

悪い仕事をすると次の仕事がなくなる、ということを知っていますからね。

逆に、どうして仕事がなくなるのかわかっていない会社はダメですね。

  • 大工の工事期間(工期)は適切か
  • 大工は次の仕事につながる仕事をしようとしているか
  • 大工は楽しそうに働けているか
  • 工事現場はきれいか
  • 挨拶ができているか(大工も接客業です)
また、パパまるの記事にも大工についていろいろ書きましたのでお時間があればご参考に。

B社の住宅会社としての評価

担当が若手はメリットかデメリットか

若手だと心配に思う点

  • 経験が圧倒的に少なく的確なアドバイスがもらえない
  • 上司のいいなり
  • ジェネレーションギャップで価値観が合わない
  • 途中でやめちゃいそう

担当が若手になりそうだったのも心配点ではあった

対応してくれた営業さんはとてもいい人そうなんだけど、若い人だったので、正直経験に関しては不安があったっていうのは事実。

一方で、本来は営業の人じゃなくて1級建築士ってことだったので、普通の営業よりもいいんじゃないか、って思ったりしていました。

ぶちくま
ぶちくま

家づくりの相談も、会社の利益よりも家の構造とかを踏まえて話をしてくれそうだしね

うちは夫婦共働きで、しかも2世帯を建てるってこともあって、営業さんも気合い入ってて、(どこの会社もそうだったんだけど)だいたいエリアマネージャーみたいな人が毎回来てた。

まぁ、顧客をとるまでは、大手は必ず二人体制なのかもしれないけど。

一緒に来てたそのエリアマネージャーって感じの人も、すごく話術に長けてて、先の大工の話も教えてくれて、自分たちの弱点を心得た上で、それをあえて伝えることで顧客の信用を勝ち得る、というあたりもだいぶご理解されている様子。

ぶちくま
ぶちくま

正直、心揺れたね。

ただ、多分契約後はその敏腕マネジャーはいなくなるので、そうなると、契約後の打ち合わせはちょっと心配だった、っていうのはありましたね。

担当者選定は家づくりで一番大事なポイントだと今でも思ってる。

担当に関しては、専門職よりも、総合力長けてる営業特化型が一番いい。

コスト管理できて、値段の交渉もちゃんとできる人ね。

若い社員だと、上司に押されたらこちらの要求よりもそっち優先させちゃうからね。

しろくまさん
しろくまさん

若い社員でも行動力があったり、話がしやすいなどのいい面を感じるようなら、デメリットとは言えないよね。

 

大手ローコスト会社のメリット・デメリット

B社のよかったところ

  • 希望は全て取り入れた見積をしてくれた(最低条件はクリア)
  • 担当はフレンドリーで、かつ一級建築士だった。
  • エリアマネジャーも敏腕だった。
  • 手抜き工事の面に関して、ある程度ちゃんと説明してくれた。
  • 大手の安心感、倒産はしなさそう
  • 断熱材は発砲ウレタン系を使用し、断熱効果はある程度

B社の残念だったところまとめ

  • 魅力的な間取り図からは程遠かった。
  • 予算は不透明だった(何にいくらかかる、がわからなかった)
  • 見積もり段階では、建て材や設備のグレードがわからず、オプションでどれくらい上がるかがわからなかった。
  • ローコストでありながら、モデルハウスが豪華で広告もバンバン出している。いったいどこで安くしているのか考えると不安になった。
  • 契約大工が不安定、過去に手抜き工事横行。
ぶちくま
ぶちくま

ただ、悪い部分が目立ったというよりは、他のところがよく見えた、というのが大きかったかも。

B社を無料見積もり後に断った感想とまとめ

もう少し打ち合わせ時間があれば結果は違ったかも

まぁね、B社は良かったんだけどね。

予算内に収める、希望は叶う、という最低条件はクリアしていてくれていたので、今後しっかりと間取り図を煮詰めていけば、それなりにいい家が建ったような予感はある。

逆に言えば、というかこれはローコストで建てる宿命であり必須条件でもあるんだけど、施主側もだいぶ勉強が必要だし、準備が必要だということですね。

ぶちくま
ぶちくま

もし、また家づくりをするチャンスがあれば、下調べから入念に行いたいね。情報収拾は本当に大事!

つまり、どういう間取りがベストか、という部分は自分でもしっかり考えないといけないし、場合によってはメーカーにプレゼンするくらいの気持ちが必要かもしれない。

また、大手ハウスメーカーは「フルセット」で家を建てられるとすれば、ローコストメーカーは「ここはしっかりやるけど、ほかは諦めて、だってお金ないんだから」であることをしっかりと頭に入れておかないといけない。

自分のニーズとメーカーのメリットががっちり合っている時に初めて満足いく家づくりとなるわけです。

安くて、良い家を建てるには、それなりに大変なのです。

参考までに:見積もり後の断り方

うちの場合は、契約したハウスメーカーが小・中規模の会社だったので、お遊び感覚での見積もりは取らない、と言われていたので(おかしな話ではあるが)B社初回の打ち合わせの時点で、一度お断りの旨をお伝えしました。

ぶちくま
ぶちくま

今、考えれば、これが後悔の始まりでしたね。

その後、改めて正式に他社で契約することになったことを電話して、B社との関係に終止符が打たれました。

ちょうど、C社の見積もりも重なった頃で、正直体がしんどかったのも事実。

1社ずつ、丁寧に話し合いを進めたかったなぁ、と今では思う。

でも、あまり話し合いを深めちゃうと、よそのいいところを知らないままに、営業の話にのっかって契約しちゃう可能性も高い。

契約前が一番の交渉のしどころですからね。

これが一番勿体無いと思う。

今日はここまで。

https://buchikuma.com/house/practice/c7-major-house-builder/

ではでは。

HM選定実践編
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

さらに、土地探しの相談もしてもらえます。

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

家づくりをすることを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②LIFULL HOME'Sの無料で「はじめての家づくりブック」をGET

ライフルホームズがお勧めできるのは、「初めての家づくりブック」が無料でプレゼントされるからです。

設計プランも気軽に相談でき、資料請求も建物価格を参考にしながら一括で簡単にできます。気になるハウスメーカーの資料の取り扱いがある場合は利用してみることをお勧めします。

バナー原稿imp
【LIFULL HOME'S】で簡単資料請求!

③【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフやライフルホームズにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

こちらも当然、無料で利用できます。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. […] 実践編⑥ 初めての見積もりとB社との出会いと別れ […]

タイトルとURLをコピーしました