Amazon 最大級セールが合体? 11月27日から!

カーポートの選び方「お勧めメーカー・モデルを考える」

スポンサーリンク

当方、新潟を居住地とするものですが、これからの時代、「もうそんなに雪も降らないだろうし、カーポートは耐雪モデルじゃなくてもいいんじゃないか」と心が揺れ動く次第です。

ぶちくま
ぶちくま

新潟にお住まいの方がカーポート選びの指標とすべきことをまとめておきました。

スポンサーリンク

新潟県民の選ぶべきカーポート

私は新潟に住むものですが、基本的には自分に必要になる情報しか集めません。例えば、カーポートを選ぶにしても、「耐雪」を考慮するとお洒落カーポートにすることが叶いません。

ぶちくま
ぶちくま

まず、最低でも超えておきたいカーポート性能について考えていきたいと思います。

地域ごとの降雪量を考える

まず、新潟と言えど降雪量は様々。

県外から来られて、そのまま行きずりで家を買ってカーポートを設置する必要のある方はなかなかいらっしゃらないかとは思います。ですが、新潟県内でも、降雪量は様々。

ぶちくま
ぶちくま

私も地元から新潟市に住み始めた時は「雪ってこんなに降らないんだ」と驚いたものです。

新潟県内の地域別降雪量の参考値

降雪量は「最近雪が少なくなったよね」に対応するために、平成と昭和の比較分と昨年の1月(降らなかった時)とH29の豪雪の時のものだけを抜粋しました。詳細は県の資料をご覧いただければ幸いです。

地域別降雪量新発田新潟長岡十日町上越
指定観測点警戒積雪深80cm40cm140cm220cm150cm
H29(豪雪)8560168230103
R2.1月時点(暖冬)00000
平成の平均51289818986
昭和の平均8340145236151
しろくまさん
しろくまさん

確かに降雪量は減っているけど、まだまだ警戒は必要、と言った感じだね。

指定観測点 降雪、積雪資料(S37~H30)

天災レベルの降雪にも対処すべきか

上の表にも書きましたが、災害レベルというと、警戒積雪量を上回るレベルのもので、平成でも3〜4年に一度は警戒が必要な積雪量(深)となっています。

とはいえ、例えば、警戒積雪量の2倍も降る、と言うことは観測開始してから1回あるかないかくらいです。言い換えると、備えるにしても「新潟市なら100cm対応していれば充分以上」ということ。

ぶちくま
ぶちくま

備えあれば憂いなしと考えて、新潟市平野部で積雪2mに耐えられるカーポートは不要だと思いますが、時折訪れる50cm超えの積雪に対応することはあってもいいと思います。

しろくまさん
しろくまさん

カーポートは経年劣化や腐食もあると考えて、メンテナンスや買い替えも検討して適正な降雪量に対応できるくらいがちょうどいいかもしれませんね。

カーポートの耐久年数を考える

使われている素材や設置場所、寒暖の地域差にもよりますが、ポリカーボネートとアルミを使用したカーポートであれば、一般的に耐用年数は15年程度といわれています。ただし、実際には15年以上使い続けられるケースが多いようです。

引用の通りですが、耐用年数以上に使用されるのがカーポートの特徴です。つまり、本来想定されている耐久力から落ちた状態でも使用することになるとも言い換えられます。

カーポートのメンテナンス

だいたい、カーポートのメンテナンスでは以下のようなことが必要です。私は面倒なので多分やりませんが。

  • 塗装などの補修
  • 砂、木の葉、鳥の糞など屋根の堆積物を除去する
  • 雨樋などの修繕
  • 照明などあれば電池交換など
ぶちくま
ぶちくま

やはり、建てたら建てっぱなしのパターンが多そうだね。。。

しろくまさん
しろくまさん

放っておきガチだからこそ、柱・屋根の腐食など異変があるときには早めに対処しておいた方がいいね。

カーポート破損時の災害保険の適応

ふと、「カーポートが雪の重みで潰れたら保険はどうなるのか」考えてみました。

火災保険で「雪災」の補償があれば対応

まず、火災保険で雪による被害に対しての保険をかけることができます。カーポートは敷地内の建物として認められることがほとんどです。そのため、カーポートの損害に対しては補償されますが、車に関しては「建物」でも「家財」でもないため、「車両保険」での対応となります。

https://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/select/snow/

スポンサーリンク

カーポートメーカーを調べる

続きまして、このページのメインコンテンツである、カーポートのメーカーや各社の特徴などをまとめておきました。

LIXIL

総合建材メーカーとして無類の強さを誇るリクシルグループですが、カーポートもやっぱり強くて国内シェアはNo.1です。

デザインも選び放題

カーポートといえば無機質な柱の骨組みと味気ないポリカor折半屋根というイメージですが、LIXILはデザインも豊富に用意されているので選ぶのが楽しいメーカーです。

ぶちくま
ぶちくま

木目も選べるので、家の雰囲気に合わせることもできますね!

玄関などの家の建材と調和させる

また、LIXILの強みで、家の資材の雰囲気と合わせやすいのも特徴。統一感のある家にしたい場合は、All LIXILだと手っ取り早いですね。

LIXILカーポートの種類と特徴

LIXILのカーポートモデル
  • ネスカ:汎用モデル、屋根の形状はRとFが選べる
  • フーゴ:耐風モデル
  • アーキフィールド:魅せる天井材が使用できる
  • アーキフラン:前方に柱がない
  • SC:洗練されたシンプルさ
  • ソルディポート:強力ポリカーボネートで雨風凌ぐ
  • レガーナポートシグマⅢ:並列駐車しやすい、前下がり
  • テールポートシグマⅢ:袖壁一体型(側面上部まで屋根あり)
  • カルエードシグマⅢ:両支持タイプ
アーキフィールド、LIXILのカーポート
アーキフィールド

アーキフラン、LIXILのカーポート
アーキフラン

https://www.lixil.co.jp/lineup/carspace/garage/

三協アルミ

ガシッとした印象のカーポートが多い。デザイン性も豊富で、価格帯は上がるものの「かっこいい」デザインが豊富に選べる。

三協アルミのカーポートモデル

三協アルミのカーポート
  • セルフィ:汎用モデル
  • カムフィエース:コスパの良い汎用モデル
  • ダブルフェース:2台サイズで片面支持が可能
  • フォーグ:スタイリッシュなデザイン
  • エアロシェード:アーチ状の支柱が特徴的、上方の開放感
  • ニューマイリッシュ:カスタマイズしやすい設計
  • エクオーレ:サイドまで屋根が回り込んでいる
ニューマイリッシュ、三協アルミのカーポート
ニューマイリッシュ

ダブルフェース、三協アルミのカーポート
ダブルフェース
エアロシェード、三協アルミのカーポート
エアロシェード

https://alumi.st-grp.co.jp/products/garage/carport/

YKKap

YKKapといえば窓の会社ですが、エクステリア商品も豊富に取り扱いがあります。カーポート部門の特徴で言えば、生産体制が確立されており、販売価格が安定して安いと感じます。

YKKapのカーポートモデル

YKKapのカーポート
  • エフルージュ:汎用モデル
  • ファクトポート:簡易モデル
  • レイナポートグラン:高性能
  • レオンポートNeo:業界採光クラスの耐風圧強度
  • リレーリア:コーディネート可能
エフルージュ、YKKapのカーポート
エフルージュ

ジーポート、YKKapのカーポート
ジーポートNeo
リレーシア、YKKapのカーポート
リレーリア

四国化成

存じ上げなかったのですが、かなりデザイン性の高いレベルのカーポートを提供してくれるメーカーです。かっこいい。

四国化成のカーポート
  • マイポート7:独創的なフォルム
  • マイポートOrigin:後方支持
  • マイポートNext:最後端支柱デザイン
  • マイポートNeo:一本柱
ぶちくま
ぶちくま

惜しむらくは、名前が全て似たような感じで、どれがどれを指しているのかわからないこと。

マイポート7、四国化成、カーポートのメーカー
マイポート7
マイポートOrigin、四国化成、カーポートのメーカー
マイポートOrigin

マイポートNext、四国化成、カーポートのメーカー
マイポートNext
マイポートNeo、四国化成、カーポートのメーカー
マイポートNeo

http://kenzai.shikoku.co.jp/products/ex_carport/carport/index.html

Takasho(タカショー)

外構関連のエクステリア製品を製造・販売している会社。種類は多くはないが、できることは多い。庭に力を入れたい時は選びたい会社。

Takashoのカーポート
  • ホームヤードルーフ:デザイン性が高くカスタマイズできる
  • アートポート:表情豊かな木目支柱
ホームヤードルーフ、Takasyoタカショーのカーポート
ホームヤードルーフ

アートポート、Takasyoタカショーのカーポート
アートポート
スポンサーリンク

積雪対応モデルまとめ

全モデル紹介はキリがないので、とりあえず「積雪対応・2台仕様」が可能なものをピックアップ。

新潟市内などの雪の少ないところ、「これからはもう大雪はない」にベットする方は、耐雪可能なデザインカーポートも選択圏内。逆に、都内でも異常気象で積雪が増えると考える方は、念のための50cm対応は考えておきたいところ。

対応モデル一覧表

2020年5月現在です。メーカーのカタログから引っ張ってきているのが最低表示価格。一見、高いものもあると感じるかもしれませんが、2台サイズのものしかない場合は最低価格が高いだけなので、実質価格はやはりカタログ見た方が早いかと。

積雪カーポートメーカー耐風圧強度:耐雪最低表示価格
M.シェードⅡ三協アルミ[上吊りタイプ、梁置きタイプ/片側支持]風速38m/s相当・[梁置きタイプ/両側支持]風速42m/s相当約20cm相当・約50cm相当56.7万
U.スタイルアゼスト三協アルミ(基本タイプ):[片側支持]風速38m/s相当・[両側支持]風速42m/s相当約20cm相当・約50cm相当41万円
アトラード三協アルミ(カールーフ 基本タイプ):風速46m/s相当約150cm相当292万円
スカイリードZ三協アルミ(基本タイプ):風速46m/s相当約50cm・約100cm・約150cm相当50.1万円
フォーグZ三協アルミ(基本タイプ):風速38m/s相当耐積雪量:約30cm相当53.8万円
カムフィエースZ三協アルミ(基本タイプ):風速38m/s相当約30cm・約50cm相当33.3万円
ニューエクオーレZ三協アルミ(基本タイプ):風速38m/s相当・風速42m/s相当約30cm・約50cm相当37.2万円
G-1三協アルミ(基本タイプ):風速46m/s相当約100cm・約150cm・約200cm相当43万円
ソルディポートLIXIL風速46m/s相当約50cm・約100cm・約150cm相当502,700円
ウィンスリーポートⅡLIXIL2台用[耐風圧46m/秒相当※]約100cm・約150cm・約200cm相当293,500円
テリオスポートⅢLIXIL2台用[耐風圧46m/秒相当※]約100cm・約150cm・約200cm相当293,500円
ジーポートneoYKKap風速46m/s相当約100cm・約150cm・約200cm相当340,100円(1台用A標準)
レオンポートneoYKKap風速46m/s相当約50cm相当320,100円(1台用A標準)
アートポートワイドスノースタイルTakasho風速42m/s相当約50cm・約100cm・約150cm相当984,900円(54-50)
スマートポート四国化成風速34.38m/s相当約30cm・約50cm・約100cm相当490.900(1台用標準・ポリカ)
レジストポートSG四国化成風速44m/s相当約100cm・約150cm・約200cm相当320,100円(1台)

コメント

タイトルとURLをコピーしました