エネファームタイプSを後付け導入する際に検討すべきこと

スポンサーリンク

私が家を建てている時は、エネファームがクソほど高い値段だったのでどう考えても折り合いがつかず、設置を断念しました。

住宅会社に聞いた、エネファームでモトは取れない理由【メリットとデメリット紹介】
ガス会社が無料でつけますよ、というくらい安く設置できない限りは元を取るのが難しいエネファームについてご紹介。暖房の主力がガスで、2世帯で積極的にエネルギー源とするなら採用もあり。メンテナンスコストもかかるし、お湯を沸かすときしか電気作らない。ZEHの創エネにも使えるが、太陽光電池の方が効率的。
ぶちくま
ぶちくま

ただ、エネファームの値段が下がってきたことと、製品自体の性能がぐんと上がってきたので、2020年は「後付け設置」もありかな、と思っているところです。

スポンサーリンク

エネファームの進化

では、新しく発表された(と言っても数年前ですが)エネファームについての情報を深掘りしていこうと思います。

エネファームタイプSとは

タイプSは、これまでのモデルから以下の点が進化しています。

  • サイズが小さくなった(設置場所を選ばなくなった)
  • 発電効率が約50%
  • 後付けで設置できる

発電効率については、50%が高いのかどうかは判断しかねるところかとは思いますが、順当に機能が向上している、と考えていただいていいと思います。

エネファームTypeSの構造

電気を発生させるセルスタックの電解質にセラミックスを使用することにより、作動温度が約700~750℃と高温になります。

この熱を都市ガスから水素をつくるエネルギーに利用できるため、52.0% という高い発電効率を実現しました。

https://www.saibugas.co.jp/home/house/myhome_ene/farm/types

なんともややこしい説明ですが、都市ガスに含まれる水素を発電に利用し、その際に生じる熱なんかを給湯やら床暖房やらに利用しているというわけです。

しろくまさん
しろくまさん

これまでは、どちらかといえば「給湯」の熱を無駄なく利用する感じだったけど、発電能力を高めた上で、排熱利用を効率よく行っている、という感じに変わりましたね。

後付け設置ができる

構造上は、これまでの給湯器につなげて設置することが可能となっています。対応している

https://www.aisin.co.jp/cogene/enefarm/features/flexibility.html

対応製品については各社に問い合わせろとのことでしたが、目安としては10年以内のECOジョーズ対応給湯器ならいけそう、という見方です。

PEFCとSOFC

補助金がらみでPEFCやらSOFCやら見知らぬ単語が躍り出てきたので簡単に説明します。

エネファームは、お湯を作る熱を利用して電気に変えるシステムです。

家庭用燃料電池「エネファーム」は、LPガスから水素を取り出して空気中の酸素と化学反応させることにより発電を 行い、同時に発生した排熱を利用して給湯も行うコージェネレーションシステムです。 

http://www.nichidankyo.gr.jp/toku/dl/ch02_02.pdf

今回は、エネファームSを取り上げています。タイプSは24時間稼働し続けるSOFCという種類になります。

エネファームが利用する燃料電池の種類
  • PE = PEFC(固体高分子形燃料電池)=パナソニック
  • SO = SOFC(固体酸化物形燃料電池)=アイシン

現在エネファームには、PEFC(固体高分子形)とSOFC(固体酸化物形)の2種類があります。PEFCは排熱回収効 率が高く起動停止が比較的容易、またSOFCは電力負荷に合わせて24時間連続運転を行い、PEFCに比べて発電効率が 高く本体も小型という特徴があります。実際の運用や設置条件に合わせて、それぞれ適したタイプを選択することがで きます。 

http://www.nichidankyo.gr.jp/toku/dl/ch02_02.pdf

まぁ、さっぱり分かりませんが、どう違うかっていうと

SOFCの特長として、動作温度が高く、電極反応がスムーズなため、低温動作の燃料電池に比べ内部抵抗が低くなります。 よって、出力時に電圧降下が起きにくく発電効率が高くなります。 また、都市ガスからの改質反応に燃料電池からの熱を有効利用できるため、効率向上に寄与しています。

http://www.nichidankyo.gr.jp/toku/dl/ch02_02.pdf

ということらしい。

SOFCに伴い変化したこと

これが実生活にどう影響するかというと、こんな感じ。

  • 24時間稼働で節電効果も高い
  • 同時に、稼働による低周波騒音があるのには注意(改善はされている)
  • PEFCは定額補助がない

他の創エネ商品との違い

さて、じゃあ「最新のエネファームがあれば太陽光発電とかいらなくね」という疑問を否定していこうと思います。

太陽光発電に勝るものはない

自宅で消費エネルギーを全て賄うZEHという基準で家づくりは進められています。

ぶちくま
ぶちくま

太陽光発電など自宅で使用する分のエネルギーを作利、少ないエネルギーでも暮らしていけるように断熱効果などを高める、ってやつですね。

この「エネルギーをつくる」部分が「創エネ」なんて呼ばれたりしています。

ZEH基準を目指すなら太陽光発電

ただ、このZEHの基準で家を建てる場合は、基本的には太陽光発電を利用することを念頭におく必要があります。

しろくまさん
しろくまさん

太陽光パネルはだいぶ普及したこともあって、手の届きやすい価格帯になって、メンテナンスできる業者も増えたのはいいことだね。

一方で、エネファームは、ガス会社を経由するのがほぼ必須であるため「新築時にはガス利用」という大きな縛りがあること、開発メーカーも現在は2社だけということで開発・価格競争が沈静化しつつあること、などからやや下火な印象を受けます。

ぶちくま
ぶちくま

値段は、数年前よりはだいぶ下がったけどね。

これ以上の値下がりはない?

これはあくまでも予想ですが、エネファーム機器の値段がこれ以上(大幅に)下がることはなく、だいたい150万円前後の製品になるという見方があります。

製品自体の開発は進むと思いますが、製品の値段を下げるメリットはないと思います。買う人は買うし、買わない人はこれ以上安くても買わないというラインに達していますね。

しろくまさん
しろくまさん

むしろ自治体やらの補助金などに働きかけて、「今ならこれくらい安く買える」というアプローチの方が購買刺激になりそうだし。

個人的な感覚で申しますと、100万円切ってくれると助かるところですけどね。

天然ガス供給の問題

ガス利用が必須になるため、ガスへの依存度が高まり、海外情勢の影響を受けやすくなるのは最大のデメリットと言えるでしょう。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、考えようによっては「電気への依存度が減る」ことにもなり、この辺りはどっこいどっこいな感じはします。

スポンサーリンク

エネファームタイプSを導入する際に知っておきたいこと

2020年の値段

現在、エネファーム事業での開発をしているメーカーはパナソニックとアイシンだけ。2015年にENEOSが撤退。2017年には東芝も手を引いてます。

各メーカーのエネファームの値段

メーカー税抜き価格
パナソニックオープン価格(約150万円)
アイシン精機132万円(自立運転不可) 168万円(自立運転可)

補助金について

エネファームの補助金表PEFCとSOFC
エネファームの補助金表PEFCとSOFC2
エネファームの補助金表スライド額

5.補助金の額(交付規程第5条、別表1) (1)補助率
・ 申請者が申請できる補助金の額は、補助対象経費の1/3以下とします。 (2)補助金上限額
・ 申請者が申請できる補助金の額は、定格発電出力※11kWあたり45万円、かつ燃料電池 ユニット 1 台あたり8,335万円を上限とします。

http://www.fca-enefarm.org/subsidy_industrial/file/outline_10.pdf

ややこしいですが、利用したいエネファームのメーカー別に見るとこんな感じです。

  • パナソニック製エネファームの補助金は最大12万円(追加補助額×4)
  • アイシン精機エネファームの補助金は最大20万円(8万円+追加補助額×4)

https://house-maker.net/zeh/enefarm.html

自治体もサポート

あくまでも一例ですが、新潟県の場合は地域でこんな感じでサポートしています。

新潟県長岡市省エネルギー設備等導入事業補助2019.4.11 ~ 2020.2.2820万円 総予算、太陽光発電設備以外で 2,300万円
新潟県上越市エネファーム助成金 (ガス水道局)2019.4.1 ~40万円 予算枠 3台分を予定
新潟県上越市住宅リフォーム促進事業前期:2019.4.15 ~ 5.10 後期:2019.9.17 ~ 10.10対象工事費用の20%以内、上限額 10万円 市内事業者による施工が条件 総予算、前期:3,800万円、後期:3,700万円
新潟県柏崎市低炭素型創エネ・省エネ機器導入補助2019.5.15 ~ 2020.3.1920万円 他設備との同時申請時 上限50万円 事業者も対象
新潟県魚沼市再生可能エネルギー普及促進2019.4.1 ~ 12.2715万円
新潟県燕市住宅リフォーム助成2019.4.1 ~工事費の10%,上限10万円 ただし、住宅用火災警報器の設置および市内登録施工業者の利用が条件
新潟県見附市新エネルギー導入促進事業30万円 (但し、見附市都市ガスでは使用不可)
新潟県妙高市都市ガス機器導入助成 (ガス上下水道局)20万円
新潟県五泉市住宅用省エネ設備等(太陽光発電、エネファーム)設置費補助2019.4.10 ~20万円 市内業者による設置が条件 総予算 160万円
新潟県湯沢町再生可能エネルギー普及促進事業補助20万円
スポンサーリンク

エネファームのメーカー比較

Type S購入に踏み切る前に、今一度製品についての知識を深めておきます。メーカーの選択幅が減りましたが、どちらも魅力的な会社なので悩ましいところです。

アイシン精製機

アイシンは私はあまり馴染みがなかったのですが、トヨタ系の会社になります。つまり、大元はでかいわけです。

3社共同開発がすごい

開発においても、大阪ガス・京セラ・トヨタ自動車と協力しており、エネルギー生産についてはかなり力のある体制ができていると言えるでしょう。

水素自動車技術を支える
トヨタの水素社会

トヨタは「水素自動車」としてMIRAIをリリースします。水素自動車については国家事業とも言えるもので、将来的な期待度はかなり高いです。その技術が(おそらく)影響しているのが、アイシン製のエネファームTypeSであると考えられます。

https://toyota.jp/mirai

給湯器メーカーを選べる

2018年には新型モデルがリリースされ、給湯器の対応メーカーがノーリツ以外にも、パーパス、リンナイ製が選べます。

パナソニック

今回はタイプSの紹介なので、ざっくりと説明しますが、エネファームのトップシェアを持つのはパナソニックです。さらに、そもそもパナソニックは「燃料電池」に力を入れていることもあり、開発力は高いです。

https://panasonic.biz/appliance/FC/feature/index.html

既存システムとの連携に強い

オールパナソニックで電気系統も安心

パナソニックの同じような記事を書いていて頭が混乱しますが、パナソニックはそれほど身の回りに溢れている総合家電メーカーです。

蓄電池記事でも紹介しましたが、パナソニックは蓄電池含め、家の電気の元締めとなるパワコンも作っています。言い換えると、家中の電気をパナソニック製品で全て連携させることが可能です。

新製品もリリース

2019年に新型モデルがリリースされ、熱利用の幅が広がりました。蓄電池への出力も可能となっており、小型化できたことで設置位置も選ばなくなりました。

エネルギー
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました