家づくりでの失敗体験公開中!

クッションフロアをリビング床に採用する案【耐久性は車椅子も使用可】

安くて丈夫で簡単に張り替えられて、それでいて水にも強い最強の床材がクッションフロアです。
デザインも多様に選べるし、柔らかいので転んだ時に怪我もしにくい。
水回りだけじゃなくて、モダンなリビングの床にアクセントとしておいてもいい。
一番お勧めできる点は、車椅子使用にも耐えられる事。

我々ローコスト施主組合といたしましては、床材の選択にも「より安く、いいものを」探すことに余念がありません。

今回は丈夫で汚れに強く、なにより安価な床材、クッションフロアについて紹介するよ。

クッションフロアってどんな床材なの?

対フローリングで考えていきます。クッションフロアはメリットもデメリットもある床材ですが、「ただの安っぽいやつ」のイメージは、今はもうないんですよ。おしゃれな店舗にも使われるようになり、しかも耐久性も以前よりも大幅にアップしています!

クッションフロアのメリット

クッションフロアのメリットをまとめてみました。

  • 施工する際のコストが安い
  • 施工が簡単
  • 撥水性あり水回りに強い
  • デザインが素材に縛られず豊富
  • 防音性が高い
  • 柔らかくて怪我しにくい

①コストが安い

フローリングよりも、基本的な安価が安いうえに、貼るだけなので工賃もそれほどかからない。ゆえに、コストはフローリングより圧倒的に安いです。

単層フローリング、いわゆる無垢材フローリングと比べれば天と地ほど違います。

ブラックサンダーとゴディバくらいは違います。

でも、どちらもおいしいです。

②施工が楽

上にも書きましたが、簡単に貼れます。ちょっと練習すれば素人でも貼れるらしいです。貼ったことないけど。

故に、自分の持ち家になったらメンテナンスも自分でやりたいな、なんて方は日曜大工感覚で張り替えもオッケーです。

汚れが目立ってきて、特に凹凸は変化ないときなんかは、新しいものを上からそのまま貼ってもいいそう。

気軽に、まではいかなくても自分で模様替えできるのは素敵ですね。

③水に強い

これがクッションフロアの特徴といってもいいですね。

基本ビニール素材なので、水をはじきます。木材系はなんだかんだ腐りますからね。人口素材は強いですね。

水をはじくということは、汚れにも強いです。シミなんかもできづらい。

④デザイン豊富

木目などの素材感に縛られないので、デザインは無限にあります。

キッチンとリビングをフローリングとクッションフロアで分けてアクセントにしたりしますね。

おしゃれ度で行ったら、リビングも思い切ってクッションフロアにすると、だいぶ攻め込んだ雰囲気のあるリビングになります。

⑤防音性高い

子供を遊ばせる部屋を作る場合、クッションフロアを検討してもいい、と思うのは、防音性が高いからです。

うちみたいに、2世帯だと、どうしても子供が走り回った時に音が響くのが気になりますが、いかんせん、クッションフロアは「クッション」内蔵しているので、防音効果が高いです。

フローリングみたいな固い素材だと打撃音が異様に響きますが、クッションはそれを和らげてくれます。

クッションフロアのデメリット

クッションフロアのデメリットはやはりビニール製の「質感」です。

とくに「木目」などの本物に似せたようなものだと、いくら製作技術が向上しているとは言え、「偽物」感が強くなります。

特に、本物の木目「無垢材」の近くにクッションフロアをしく場合は違和感が強まるので、いっそデザインを変えた方がスッキリすることもあります。

①質感はやっぱり安っぽい

個人的には、あまりそう感じないのですが、やっぱり既製品感は強いですね。

最近は印刷レベルが上がって、凹凸などの表現が本物感をつよくて、下手なフローリング材なんかよりも色味も出て面白いです。

ただ、やっぱり本物とは違うので気になる人は気になりますね。

②傷には強い、が一度傷がつくと大変

無垢材なんかはちょっと傷ついたくらいなら削ってニスぬればぴかぴか元通りですが、クッションフロアはそうはいかない。

傷はつきにくいとはいうものの、一度傷がつくと、傷から剥がれが目立ったりします。

張り替えも、柄物なので部分的な補修が難しく、結局前面張り替え、なんてことも。

③へこみやすい

長期間、重量のある家具を置いておくと、クッションがある分、へこみが目立つようになります。

自分の家だと、それも味だな、と思うのだけど、クッションフロアの素材は、やっぱりへこみがあると余計に安っぽく見えるんですよね。

へこみの治し方は後で書きます。

④床暖房が使えない

今は、暖房器具も発達してきているので、むしろ床暖房なんてイニシャルコストもメンテナンスコストもかかる代物は時代遅れな気もしなくはないのですが、あのぬくもりに勝るものは現状ないというのも事実。

その床暖房が対応していません。

クッションフロアの性質上、相性が悪いのですね。

マンションなんかでもよく使われている

なにせ、安価で手間賃もかからないクッションフロアですので、マンションなどの床材にはよく使われていたりします。

あと、デザインが木目にとらわれないのでハイセンスなデザイナーズ物件なんかでもお目にかかったりしますね。

大家さん側にはメリットが多いわけですね。

耐久性も高く、施工が楽で、何より安い。

もちろん、施主にメリットがあるように交渉すれば、一番優秀な床材はクッションフロアといってもいいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

フローリングはクッションフロアにするので、差額分安くしてください

と交渉しましょう。

賃貸のクッションフロアが凹んだら敷金はどうなる

クッションフロアのへこみに関しては、いじわるな契約でない限りは大家負担です。

仮住まいのマンションで、引っ越しの際にへこんでしまって敷金から払われたりするけど、これは経年劣化で当然起こりうること。

よほど変な念書にサインさせられていない限りは大家負担なのが通例です。

まぁ、大体の人が敷金は根こそぎ取られているのが現状ですけどね。

大手不動産業者ですら平気でやってますね。敷金は言わないと帰ってこない。これが基本です。

こちらが貸してるはずのお金なんですけどね。

逆にクッションフロアに跡がついて支払わなければいけないパターン

  • キャスター付きのイスなどによる傷、へこみ、落書きやペットによる傷、汚損
  • 変色している場合(窓の閉め忘れなどの不注意で雨が吹きこんだことによる)
  • 飲み物をこぼしたことによるシミやカビ

賃貸のクッションフロアの傷やへこみ!退去時の費用は?

いわゆる、借りた人の過失による場合は支払いの必要がでてくるということです。

家具を置くことは想定されているので(床に家具を置かない人はいないですよね)家具によるへこみは大丈夫ですが、大家に申告が必要になるような大型家具、重たいものについては注意が必要です。(グランドピアノとかね)

国土交通省の原状回復についてのガイドライン

1)原状回復とは

原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。

⇒ 原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について|国土交通省

クッションフロアがへこんだときの対応策

クッションフロアのへこみ:解説画像

クッションフロアのへこみ

ぶちくまの家のクッションフロアもさっそくへこみができていたので、どうしようかと頭を抱えていたところです。

クッションが生きているうちは放っておけば反発性で戻る

頭を抱えているうちに寝てしまい、起きたらへこみは治ってました。

まだ反発力があるうちは家具を少しずらしておくだけで自然と治るみたいですね。

つまり、お引越しを考えている方であれば、まず大きな家具は数か月前にずらしておくだけである程度もとに戻る可能性があります。

先にも書きましたが、請求されるべき部分ではないのですが、余計な争いは生まぬが吉です。

持ち家の方は、気になるようだったら定期的にずらしたりしておくと、一か所に負担がかからなくていいですね。

なかなか戻らないときは熱の力を使う

それでもなかなか戻らない場合は、2つの方法で解決することができます。

  1. 凹んだ跡に蒸しタオルを置いておく
  2. クッションフロアに当て布をして、ドライヤーか低音のアイロンを凹んだ場所に当てる

住宅用のクッションフロアの構造は、表面からクリア層、プリント層、発泡層、不織布の4層構造になっており、やわらかい踏み心地が特長の、クッション性のある床材です。
フローリング・クッションフロア・フロアタイルの違い

クッションフロアは、塩化ビニルでできているので、先ほどのように、基本的には「元に戻ろうとする」性質があります。

また、熱で変形しやすく、すこし柔らかくなるので、少しの時間温めることで、凹んだ状態で固まったクッションフロアが、元に戻ろうとする力で凹んだ跡が元に戻ることもあります。また、熱で発泡層が少し膨らむ、ということもあります。

蒸しタオルの場合は

絞れるギリギリの温度のお湯をタオルで浸すか、火傷に注意しながら電子レンジで蒸しタオルを作ります。

これを凹み部分に当てるだけでOKです。

クッションフロアの発泡層まで熱が十分伝わるくらいの時間放っておけば大丈夫。

ドライヤーやアイロンで凹み部分を温める

カーペットのへこみなんかは低温のアイロンやドライヤーで温めると戻りますが、クッションフロアは熱に弱いので注意が必要です。塩化ビニールなので溶ける可能性もあります。

「引っ越しの引き渡しの時だけ、一瞬だけよく見せたい」という理由ではない場合は、無理に熱で元に戻すのは良くないみたいです。

個人的には、熱めの蒸しタオルを置いておくくらいでいいかと思います。

おすすめのクッションフロアは?

まぁ、お勧めも何も自分で好きなデザインを選ぶだけではあるのですが。

ただ、最近は同じ塩化ビニルでも「フロアタイル」という、クッションフロアをぎゅっと圧縮してタイルにした頑丈なものや、クッションフロアでも「土足対応」できるような耐久性の強いものがあります。

一般住宅用と店舗用の違いと「介護対応」にするなら

知識として、一般住宅用と店舗用と2種類(もっとあるかもしれないけど)あります。つまり、土足に耐えられるかどうか、というところなのですが。

ぶちくま家は店舗用を住宅に使っています。
用途が違うようですが、ハウスメーカーと十分に検討し、そう決めました。

これは、2世帯住宅を検討している方は必ず考えてもらいたい。

スフィンクスのなぞなぞで、「朝は4本、昼は2本、夜は3本、この生き物なんだ」という問いが有名だけど、二本足のまま大往生を遂げる人間およびくまはそうそういないのです。

つまり、何が言いたいのかというと、杖や車いすに対応している床材じゃないと長くは持たないよ、ということ。杖も車いすも、傷がつきやすいものですから、少しでも耐摩耗性が高いほうがいいですね。

ということで、我が家は土足にも耐えうる店舗用クッションフロアを貼りました。
まぁ、どちらの素材にしてもへこみには弱いので、ただ住宅に使用するだけなら価格も安い住宅用をお勧めします。

フロアタイルというビニル系素材も

こちらもビニール素材なのだけど、クッションフロアのクッションを厚く固めたような素材です。

タイルのように使うので、貼るのも少し大変。そして、クッションフロアより高い。
我々は何も言わずにクッションフロアを選びましょう。

オススメのクッションフロアメーカーは

最後に、我が家で使用したメーカーをお勧めします。我が家はいたるところにクッションフロアをつかいました。めっちゃ多用しました。いろいろ表情が変わっていいのですが、あまり奇抜なデザインを使わなかったのが悔やまれます(ブロガー的に)

木目の比較もしているので、色味に悩んだ際には参考にしてください。

SANGETSU

ちなみに、先ほどはリビングの床の凹み写真だったのですが、こちらはサンゲツの店舗用ライムストーン柄でした。

メモではCM2244でとなっているのでちょっと怪しいところですが、CM-1249ですね。住宅用ならHM-1105と一緒です。

サンゲツは木目もきれいですね。木目を比較するために、トイレと廊下のあいだを写真に収めてみました。

フローリングとクッションフロアの比較画像

フローリングとクッションフロアの比較画像

フローリングとクッションフロアの比較画像

画像でわかりやすく比較してみましょう。

  • クッションフロアは「サンゲツ」のCM-1225「チェリー柄」
  • フローリングは「朝日ウッドテック」のライブナチュラル「ブラックチェリー柄」
  • ドア、ドア枠はダイケン「ハピアシリーズ」の「チェリー柄」

色味がそれぞれ違うので、同じ「チェリー系」でも、合わせるのはかなり難しいです。

朝日ウッドテックLive Natural の色合いがよくて採用した話
朝日ウッドテックのLive Naturalというフローリング材をつかってみました。ブラックチェリーとウォルナットを比較しています。経年変化で床の色合いもだいぶ変わるので、画像をつかって比較。時間が経ってもっと我が家が好きになる仕掛けがうまくはまりました。

床材カタログ|サンゲツ

シンコール

たとえば、トイレにサンドストーンという柄を入れてみました。

シンコール|床材|カタログ

いかがでしたでしょうか。
高い家を建てるときは「どの木材を使うか」という視点ばかりを押し付けられて先入観を植え付けられがちだけど、安くて使いやすい床材なんかも探せばあるもんです。

ローコストはローコストなりに、楽しんで家づくりを考えていければいいと思います。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました