家づくりで失敗してしまった、「3つの過ち」を公開しました。新築の際のご参考に。ここをクリックすると読めます!

イシカワの新商品「GROW」が気になったので調べた|高水準だがおすすめしない

スポンサーリンク
イシカワのGROWについて調べました。
床下エアコンは賛否あるものの、換気システムにも力を入れておりお勧めできるレベル。
高気密・高断熱に頑強なつくりとなっているので、高機能住宅としては検討の余地はあるが、ローコストの代名詞イシカワブランドで建てたいかと問われると疑問が残る。

イシカワの商品ラインナップにグロー(GROW)が登場しました。
果たして、ローコストHMのイシカワに、高水準を求めるべきかどうか、考えてみてほしい。
その上で、本記事を読んでイシカワとGROWについての理解を深めると、
よりよい家づくりに、さらに一歩踏み込めますぜ。

スポンサーリンク

新商品のラインナップに「GROW」が追加

イシカワのGROWリビングは思ったよりも素敵

http://www.kk-ishikawa.com/product/product11/より引用

いい意味で安定しているイシカワですが、
新商品があまりぐっと来るものはなかったのがぶちくま的な実情でした。
ただ、この2017年に発表されたGROWは、
もはやイシカワではないんじゃないか、ってくらいに気合が入ったラインナップです。

GROWの基本的なコンセプトをおさらいする

基本的な方向性としては、高水準で家を作るといいですよ、
ということが書いてあります。

要点だけ抜き出しておくので、まずはだいたいこんな感じだと思ってください。

イシカワGROWの要点

  • 高断熱・高気密工法
  • 換気システムに力を入れた
  • 地球にも優しい
  • 省エネ
  • 頑丈な構造(東日本大震災でも倒壊しない)
スポンサーリンク

基本的な設備について確認する

床下エアコンや換気システムまで完備された、GROWですが、
実際のところ必要なのでしょうか。
詳しく調べていきます。

GROWに実装されたスキル一覧

  • 床下エアコン
  • エコキュート
  • LED証明
  • 思いやり設計
  • ハイグレードキッチン(メーカー記載なし)
  • 防犯カメラ
  • 宅配ボックス
  • トリプルガラス樹脂サッシ

ぶちくまが気になるところをピックアップ

さて、べつにいいやと思うところから、
ローコストでそこまで、という驚きの豪華設備まで盛り込まれたGROW。

これからピックアップして解説していきますぜ。

スポンサーリンク

床下エアコン

床下エアコンについては結構是非が問われてたりするんだけど、
個人的には結構おすすめだったりします。

そもそもエアコンは床暖房よりもずっと高機能

エアコンってすごいんですよ。
多分、あらゆる暖房器具の中で一番汎用性がありながら高機能、
さらに各家電メーカーが鎬を削って開発に勤しむ。
つまり、今後さらに使い方が広がる可能性があるんです。
ただ、こいつを設置するには、もう絶対に全館空調に自信がないとだめ
なので、イシカワでそれができるのか、かなりプライドはった商品展開ってことです!

ぶちくまおすすめエアコン

まぁ、本当に個人的なおすすめですが、
三菱の霧ヶ峰は新潟の冬を乗り越えられますぜ。

床下エアコンのデメリットはシロアリと電気代

ちなみに、床下エアコンのデメリットはシロアリだって。
あと、これは全館空調にするとだけど、基本の電気代がすごい。

https://quohome.com/workblog/?p=2524

スポンサーリンク

トリプルガラス樹脂サッシ

やっぱりね。どんなに断熱材を詰め込もうが、
基本的には窓から熱が逃げます。
トリプルガラスを採用とは気合が入ってますね。

トリプルガラス樹脂サッシとは

そもそも、トリプルガラス樹脂サッシがよくわからんという方へ、
簡単に説明します。

メーカーの記載がないので、イシカワのGROWに採用されているかどうかは保証できません。

LIXILのサーモスXならすごい

トリプルガラス樹脂サッシと言えば、

  • YKK APの「APW 430」
  • LIXILの「サーモスX」

が頭に浮かぶところです。
どちらも、窓ガラスのトップメーカーですね。

今回、イシカワに採用されているのは、クリプトンガス入りですので、
性能としては、LIXILの「サーモスX」の可能性があります。

参考までにサーモスXの価格は

本当に参考までに、と行ったところですが。
今、主流の複層ガラスが、LIXILだと3尺幅でだいたい低下6万円といったところ。
サーモスXの、トリプルガラスにしてクリプトンガス注入タイプになりますと、
3尺で12万強という低下になります。
だいたい、2倍くらい?

実際に体感してみるのが一番である

LIXILのショールームに行くと、LIXIL製品に実際に見て、触れて、楽しむことができます。
私の拙い記憶では、確か窓ガラスのコーナーもあったはずです。
あれはサーモスXだったと思うんだ。
ぜひ、触って体感して見てほしい。

スポンサーリンク

床下換気システム

床下エアコンを入れておきながら、その床下で換気までするって?
全館空調の場合は、換気の方法もとても大事です。
イシカワのGROWでは床下に換気機能を集約することで、
こいつをクリアしているわけですね。
熱交換にも対応しているので、冬でも換気したことで冷たい空気が入って来る、
なんてことも気にしないですむってわけですな。

スポンサーリンク

イシカワでGROWを建てるべきかと問われればNO

個人的な感想ですが。
GROW自体はとても高機能だし、商品の方向性としてもとてもお勧めできます。
ただ、金額が不鮮明なのと、多少金額で折り合いがついたところで、
そこまで金かけるなら、ぶちくまだったら他のメーカーにするかなぁ、
といったのが正直なところ。

基本的には家の性能にお金をかけるのはOK

はい、方向性としてはOKなんです。
ぶちくまは、高断熱、高機能で、耐震性能がそれなりにあれば、
家の性能としては申し分ないと思います。
床下エアコンは賛否ありそうですが、
空調の一元化は、設置とメンテナンスが楽でいいと思う。

最終的に高額払ってイシカワブランドで納得できるか

ここです。どれだけお金をかけても、イシカワの冠はとれません。
どうせお金をかけるなら、せめて「ローコスト」イシカワのイメージだけでも払拭したい。
住む自分も大事だけど、お客さんを呼んだりしますもんね。

はりねずみ
はりねずみ

すごくいい家だね。
どこで建てたの?

ぶちくま
ぶちくま

イシカワだよ、意外といいでしょ?

はりねずみ
はりねずみ

そうだね、意外といいね。
安かったの?

ぶちくま
ぶちくま

高機能な家にしたから、結構かかったよ。

はりねずみ
はりねずみ

えぅ?そんなにかかるの?
それなら、機能が悪くても住友林業で建てたいな

はい、そういうことです。
ぶちくま的にはブランドに金払うのはもったいないですが、
金払ってブランドに邪魔されるのもナンセンスかなと。

そういったわけで、ぶちくま的にはお勧めしませんが、
高機能を少しでも安く手に入れるための選択肢としてはありかな、とは思います。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

イシカワ/ステーツ
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

さらに、土地探しの相談もしてもらえます。

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

家づくりをすることを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフやライフルホームズにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

こちらも当然、無料で利用できます。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント