家づくりでの失敗体験公開中!

【父親必見】エルゴベビーはOmni 360で前向き抱っこレビュー

スポンサーリンク
父親はおっぱいがないから子供は安心できずに前向き抱っこをご所望される。
エルゴベビーは少し値段が高いデメリットはあるものの、【Omni 360】のクールエアタイプをお勧めします。
赤ちゃんはうつ熱の危険性があるから、涼しくてもメッシュ地がいい感じ。

子供が大きくなって、とにかく動きたがって仕方がない。

抱っこ中も体をよじる、抜け出そうとする、登ろうとするで、落とさないようにするだけでも精一杯です。

ぶちくま
ぶちくま

どうやら、父親の抱っこだと嫌がって前向き抱っこをご所望されます。

これは、きっと男におっぱいがないからだ。

装着可能なおっぱいを開発してもらうか、あるいは前向き抱っこに対応している抱っこ紐を使ったほうがいい。

そういったわけで、今回はエルゴベビーで何を買ったほうがいいかという記事になります。

結論は多少コストがかかっても、Omni 360のクールエアタイプをお勧めします。

スポンサーリンク

父親(パパ)目線でのエルゴ360の評価

ぶちくまは一児のパパであります。

抱っこは力仕事でもあるので、お父さんの役割でもありますが、これがなかなかうまいこといきません。

エルゴにもたくさん種類がありますが、今回は前向きでも抱っこができる、エルゴ360がパパにうってつけである、ということを力説します。

おっぱいのない男性は、絶対に前向き抱っこ対応がいい

先にも書いたが、残念なことに、装着型おっぱいはまだ開発が追いついていないようで、実用レベルでの商品展開はされていない。

一応検索はしてみて、出てくるには出てきたけど、望んでいた機能性とは、ちょっとベクトルのちがうものだったし、残念なことにすべてアダルティなグッズだったので、紹介するといろいろな規約違反となるので自粛する。

うちの子は、とにかく普通の抱っこを嫌がります

抱っこした途端に腕の中でぐるぐると回転し始め、自ら前向き抱っこ体制となります。

無理にふつうの抱っこをしようとすると、エルゴの中が大運動会状態になるので、結構しんどいです。

これが前向きにするとかなり落ち着くので、少なくともうちのケース、父親が抱っこする場合は、360度対応一択です。

ぶちくま
ぶちくま

お母さんだと嫌がらないんだけどねぇ。。。

周囲への関心を育み赤ちゃんの成長を促進

前向き抱っこの一番のメリットは、赤ちゃんが周囲に目を向けることができることです。

だいたい、ふつうの抱っこを嫌がる時期というのはちょうど周囲への関心が高まる時期でもあるので、まず、前向き抱っこだと機嫌がいいです。

ぶちくま
ぶちくま

あと、赤ちゃんは興味が出てくるといろいろ触りたくなるんですね。

いろいろ見て、触れて、刺激をうけることは、あかちゃんにとっての今後の成長の際にも良い影響を与えます。

興味を育てると歩けるようになる

周囲への関心の高さは、あかちゃんの歩行への意欲にも少なからず影響を与えます。
乳児の歩行発達への生態学的アプローチ

また、赤ちゃんが興味をもっているものを、抱っこしている親が同じ目線でみることができるのがいいですね。

歩行に関しては、次の論文でも無理に歩かせるようとすると拒否感上がるから、子供がしたいことを察して援助するのが良いよ、って意見もあります。

乳児の運動発達における母親の歩行発達援助行動

前向き抱っこは、あかちゃんの興味を引き出し、それを親が共有できるのが良いですね!

サイズは中肉中背男性でもちょうどいい

エルゴベビーは基本的には欧米女性の体型に合わせて作られているらしく、普通の男性くらいであれば問題なく、窮屈な思いをせずに装着できます。

小柄な女性でもクロス装着できるとフィット感が向上

必殺 クロス装着の図

必殺 クロス装着の図

多少、強引な感は否めないものの、クロス装着という必殺技みたいなつけ方もできます。

とはいえ、うちのよめくまさんでもしっかりつけられてるから、それほどは気にしなくてよさそうです。

 

スポンサーリンク

エルゴベビーは7種類タイプで展開している

現在、エルゴベビーは7種類のタイプで展開しています。

  1. Omni360
  2. ADAPT
  3. 360
  4. Original
  5. Organic
  6. Designer
  7. Performance Ventus

このうち、360は旧製品となります。オリジナルはベーシックなスタイルですが、進化したエルゴベビーと比べると少し見劣りするところ。

しろくまさん
しろくまさん

基本的にはADAPTかOmni360の2択となります。

ぶちくまがエルゴ無印360を買った理由

正直、ここまで前向き抱っこの頻度が高いのか、と考えもせず、見越して360にしたわけではないのです。

ちょうど、商品入れ替えのタイミングで(今はOmni 360という最新の最上級モデルがでています)セールで安かっただけなんです。

だけど、こうして前向き抱っこでしか使えないとなると、あらゆる抱っこに対応しているモデルを買っておいたほうが、買い直しするリスクを軽減できていいのかなぁ、と思います。

ぶちくま
ぶちくま

というか、今ならOmni 360一択ですね!

さらに、メッシュを取り入れたクールエアタイプも出ているので、全気候、全抱っこに対応できるOmni 360 クールエアにしておいたほうが、絶対にいいです

詳しいタイプ比較をしていきましょう。

スポンサーリンク

Omni 360 と無印360の違い

無印は商品入れ替えでだいぶはけたので、今はセールもしていないかもしれませんが、この辺りはコストとの比較になると思います。

Omni 360 クールエアタイプがアマゾン価格で3万円強で推移していることを考えると(2018年6月現在)価格差2倍近いとなると無印360でもいいのかなぁという気はします。

在庫処理で無印エルゴ360が安ければ選択の余地ではあるでしょう。

新生児対応にはインファントインサートが必要になる

無印360で新生児を抱っこしたいという場合、インファントインサートという別売りアイテムが必要になります。

ぶちくま
ぶちくま

これが大いにネックです

我が家は、新生児期はBettaのスリングを使っていました。

エルゴも持っていたのですが、エルゴは装着がやや面倒なのと(慣れると楽だけどね)なにより子供を布団に寝かすときにエルゴだと起こしてしまうので、スリングの方が便利だったんですよね。

スリングの使用が新生児期は便利だったので、この、インファントインサートが必要になることはありませんでした。

ぶちくま
ぶちくま

これ、結構着脱が面倒なんですよね。

構造的に、どうしても窮屈になってしまうのと、装着のために寝かさないといけない。

それでも、(これは体感でしかないが)なんだか不安定な感じもするし、これ使うくらいならアダプト使った方がいいなぁ、というのが感想でした。

Omni 360であれば、インファントインサートは不要になります。

これは大きなメリットといっていいでしょう。

スポンサーリンク

アダプトと360で比較するとコスト差でアダプト

アダプトと比較すると360タイプのデメリットがみえてきます。

360のデメリットは制限体重

アダプトとオリジナルは最大体重は20kgで4歳まで使えるのに対して、360は15kgで3才までの使用を推奨しています。

体を支える部分が少し狭くなるので、体重が重くなると股関節への負担が大きくなるんでしょうね。

この違いをかんがえるには、価格対年数で考えてみるとわかりやすいんだけども、アダプトが25000円くらいで買えるのに対して、Omni 360だと30,000円弱。

アダプトが5年間使えるとしたら5,000円/年
Omni 360が4年間になるので、7,500円/年

結構、違いが出てきますよね。

抱っこ紐自体の使用頻度は、子供が歩き始めると減るとは言え、子供が重くなってからの方が、いざという時は抱っこ紐があると助かります。

この辺りをどうメリットとして捉えられるかで、360とアダプトの選択の違いが出てきそうですね。

前向き抱っこはしないと強い決意を持ってコストをとるならアダプト

前向き抱っこは不要とするお母さんたちは多いです。

やっぱり、顔を見ながら抱っこできる方が安心ですからね。

ぶちくま
ぶちくま

いや、だからぶちくまだって対面抱っこがしたいんだって

よめくま
よめくま

どうせ私しか使わないし、というママならADAPTの方がお勧めだね!

スポンサーリンク

オリジナルと360を比較するとエルゴをやめることになる

オリジナルをお勧めすることはほぼないでしょう。

「どうしてもエルゴが欲しいけど、高くて買えない」という方になるかと思いますが、それであればエルゴのブランドを捨てて、ほかのメーカーの抱っこ紐を検討することをお勧めします!

スポンサーリンク

アップリカの【コラン ハグ】がコスパよくて性能もばっちし

街で歩いていると、エルゴ遭遇率は驚くほど高い。

んで、最近アップリカのコランハグをつけている人がいて、「あれ、意外としっかりとした作りで、あかちゃんも楽そうじゃない?」と感じました。

まるでエルゴがトップブランドのようですが、アップリカも日本メーカーでは最高峰。むしろ、日本人に向けた設計であればアップリカの方が上手です。

べびくま大好き前向き抱っこができるのは当然のこと、何より「横向き抱っこ」を採用しているのはアップリカ【コランハグ】の大きな特徴です!

ベビくま
ベビくま

ぶぴー♪

オススメの抱っこ紐を探すならアプリも

「ままのて」などの育児情報アプリは、アフィリエイト報酬もあるので、抱っこ紐などの商品情報、レビュー記事がめちゃんこ豊富です。

ままのて -妊娠〜出産後の育児まで毎日情報が届くママアプリ-

ままのて -妊娠〜出産後の育児まで毎日情報が届くママアプリ-

Cluex, Inc.無料posted withアプリーチ

育児情報アプリを選びたい場合は、参考になる記事を書きました。

育児アプリで必要なものはたった3つ【予防接種と日記ノートと情報】
育児アプリは広告と繋げやすいので、無限に生み出されている現状です。どれがいいのかまったくわからないですよね。必要なのは3つだけなんです。予防接種管理と、育児記録と情報系です。すべての機能を合わせるとごちゃごちゃしたアプリになるので、それぞれのベストをダウンロードすることを強くお勧めします。

横向き抱っこがいかに素晴らしいか

アップリカのコランハグの安定感がいい

アップリカのコランハグの安定感がいい

これはいいわ。

あかちゃんは負担なく眠れそうだし、抱っこ中に寝てもそのまま寝かせるときも便利だわ。

エルゴの口コミを後ほど紹介するけども、やっぱり「抱っこして寝た後に、ベッドに戻すときに起こしてしまう」というのが、本当にエルゴの大きなデメリットです。

一時期、エルゴ使うのやめたくらいだからね。

https://www.aprica.jp/b/pc/Product.html?mthd=07&PC=COLANHUGLX&SC=ACP

スポンサーリンク

クールエアタイプは季節によって使い分けるべきか

否、全季節、全天候、全地域でクールエアタイプをお勧めしたい

あかちゃんが体温調整が苦手なのは、ご存知の方も多いとは思うが、実際に「うつ熱」で死亡事例も起きているので是非注意してほしい。

うつ熱とは
あかちゃんは外部環境に対する適応力がまだ低く、熱のコントロールがまだうまくできないので、熱を発散することができずに、体内に熱がたまっていくことがあります。発熱とはまた別の症状です。
冬でも起こるので要注意です。
SIDSの原因とする声もあります。
http://www.s-kubota.net/main/18012911.html

うつ熱に注意

さすがに、普通のエルゴを使ったがために万が一の状態に陥る、ということはないと思いますが、思った以上に赤ちゃんは熱を溜め込んでいます。

気がついたらすごく汗かいててぐったりしている、脱水症状が起きている、なんてことも起こり得ます。

医療業界に従事するぶちくまも、気がついたらべびくまがすごく熱をためてて、慌ててエルゴから下ろしてうちわで扇ぐ、なんてこともあります。

しかも、あかちゃんは脱水した時に、大人のようにすぐに水分補給、というのがうまくいかないこともあるので、なんでも予防的措置をとっておくことが大事なのです。いや、ほんとに。

スポンサーリンク

エルゴベビーはコストのデメリットを考えてもOmni 360がおすすめ

結論ですね。

エルゴベビーを買うなら、Omni 360がお勧めです!

スポンサーリンク

エルゴベビー 360のその他の口コミ

やっと寝た赤ちゃんを布団に置こうとして、マジックテープを外す音で起きてしまうことが多々!!!( ゚Д゚)
http://mippo1.sakura.ne.jp/エルゴ360口コミ/

これはぶちくまも感じたところです。

まぁ、マジックテープは別の部屋で外すようにして解決しましたけどね。

あの、夜泣きがひどかった時期、(特に1〜2時間睡眠の時)寝た子を起こすのはこれほどに死活問題かと涙をながしたものです、うんうん。

あと、お母様がたの反応として、「前向き抱っこの使用機会が少ない」という意見が多かったです!

ぶちくま
ぶちくま

いや、ママの皆様、おっぱいあるからだから。おっぱいの横暴だよそれ。

男性諸君は、普通に抱っこさせてくれると思わない方がいい。1日仕事して帰って来たら、もう他人みたいな顔されるからね!

スポンサーリンク

抱っこ紐は事故にも注意

抱っこ紐を使用して起きた新生児事故が多く、国民生活センターや自治体で注意喚起がされています。

国民生活センターのスリングや抱っこ紐の使用に注意を促した報道資料を読むと、抱っこ紐タイプに関しては、以下のような事故があったようです。

  • 密着しすぎて赤ちゃんが窒息
  • 転落事故
  • 脱臼

また、東京都は「抱っこ紐からの転落事故に気をつけて!」というリーフレットを作成して配布しています。

チェックポイントがありましたので引用しておきます。

抱っこひもを使う時のチェックポイント (毎回確認しましょう)

  • バックル類の留め忘れ
  • ウェストベルトは腰骨の上
  • 子供の位置は適切か
  • 子供の表情が見えるか
  • 全体にベルトの緩みがないか

注意事項

  • 抱っこで前にかがむ時は、必ず手で支えましょう
  • 物を拾う時は、ひざを曲げて腰を落としましょう
  • おんぶや抱っこをする時、降ろす時は、低い姿勢で行いましょう
    必ず取扱説明書を読んで、正しく安全にご使用ください

抱っこひもからの転落事故に気を付けて!|東京都

コメント