調乳ポットやボトルウォーマーで液体ミルクを温めると楽チン

スポンサーリンク

ミルクづくりで浄水ポットで時短できないか、という記事の完全についでなんですけども。

しろくまさん
しろくまさん

調乳ポットって必要なの?

ってよく聞かれて

ぶちくま
ぶちくま

いらないよ

って特に理由もなく答えてきたんですけど、急に無責任な返答だったのではないかと心配になってきたので調乳ポットについて調べておきます。

ミルクづくりのために浄水ポットを使う場合の注意点
パパがやるべきミルクづくりとして、「浄水ポット」で何とか手抜きできないかと思ったけど出てきたのは注意点ばかりだったので共有しておきます。

私自身が新米パパなので、自分の経験でしか語れないのですが、「調乳ポット」はなくても全く問題ありませんでした。

ぶちくま
ぶちくま

むしろどういう人が、何の目的で買っているのか。いらなかった私がいる理由を探すことに何の意味があるのか、人生とは何なのか。

スポンサーリンク

調乳ポットとは

調乳ポットは、「お湯の温度を保つ」アイテムです。ミルクを自動で作ってくれる便利グッズではありません。

ただ、機能は増えつつあり、お湯の沸騰までこなすものから、ボトルウォーマーのような「哺乳瓶の高温殺菌」などをこなすものも出てきています。

調乳ポットに関する基礎知識

調乳ポットについて知っておきたい基礎知識をまとめておきます。

そもそも調乳ポットって買う必要あるの?

調乳ポットを見るといつも思うのですが。

ぶちくま
ぶちくま

調乳ポットってなんか意味あるの? お湯を温め続けるだけじゃん

よめくま
よめくま

自動で飲み頃になるんだから、楽っちゃ楽じゃない?

ぶちくま
ぶちくま

でも、70度ではサカザキ菌は死滅しないよって記事を書いている手前、70度のお湯でミルクを作ることはデメリットでもあると思うんだけども。

よめくま
よめくま

70度でも概ね殺菌効果が期待できるとWHOがアナウンスしていて、粉ミルクの中にいるかいないかもわからないサカザキ菌を、それでもなお熱湯消毒目的で各種ビタミンを壊してまで100℃の熱湯でやっつけ、しかもめちゃんこ熱い哺乳瓶を握りしめ、こどもが泣き叫んでる中で冷水で冷ましたいママは、世の中にはそれほど多くないと思うよ。

ぶちくま
ぶちくま

70℃のお湯ってことは、多少の調温はしないといけないわけでしょ。

よめくま
よめくま

70度のお湯なら、ミルクとかして振ったりしてるうちに、だいたい飲み頃になるでしょ。

ぶちくま
ぶちくま

うーん、、、それなら電気ケトルの方が長い期間使えるし、便利じゃない?

よめくま
よめくま

大体の人はそうだろうし、実際、うちはケトル買ったけどさ。まぁ使いたい人は使ったらいいんじゃない?

乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン

大体、こんな会話になります。

ケトル的な役割を果たすポットも

ただ、そんな調乳ポットも多機能化する時代で、10度単位で温度調整できるものから、調乳の役割を果たしたらお茶に使用するために80度くらいのお湯も作れたりと、「なおさら電気ケトルでいいじゃないか」という気がするのですが、少なくとも買っても無駄にならない機能がつけられたものもあります。

エアー(電気じゃない)ポットや水筒で代用も

ポットや水筒も保温力が高いので、調乳ポット、というかお湯をキープしておくのに役立ちます。

夜間だけの利用であれば水が悪くなってお腹を壊す心配は少ないのですが、一度煮沸したお湯は雑菌が繁殖しやすいので注意です。

ポットや水筒でも、お湯を入れておくと70度から80度くらいをキープしてくれます。ただ、お湯を使うごとに温度が劇的に下がってしまうので、朝方、赤ちゃんはぬるめで熱湯殺菌力の薄いミルクを口にするリスクはあります。

調乳ポット・ボトル(哺乳瓶)ウォーマーの基本的な機能

調乳ポットやボトルウォーマーを選ぶ際に参考にしたい「性能」や、あったら便利な機能について解説します。

温め可能な本数

調乳ポットになると基本的には「ミルク温め用」のみの対応になります。ボトルウォーマーを探すと、哺乳瓶2〜3本まで対応するマルチは働きをする製品もあることに気づきます。

ぶちくま
ぶちくま

乳児なら一回量を増やす「オカワリ」よりも、複数回に分ける「分割食スタイル」の方がお腹への負担が少ないですよね。だから一本温められればいいんじゃないの?

よめくま
よめくま

ボトルウォーマーの機能性にもよるけど、ミルクを温める一本と、他にも煮沸用・白湯用などがあったら便利っちゃ便利よね。

私の経験で言えば、ミルクの温度をキープする・調乳用のお湯を用意するポットがあれば十分だと思いますが、最近の多機能ボトルウォーマーで「滅菌」や「煮沸」などを行いたい場合には、2本以上で対応できるものを選んでもいいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

あと、普段は200ml飲むけど、「あっ、寝るかもな」というときは急遽100mlずつに分けて一つは保温器に入れておく、というだけでも手間が減らせるのはいいですね。

LARUTAN

例えばLARUTANの場合だと、9つの機能を持ったハイスペックなボトルウォーマーになります。ボトルが2本利用できるのも便利ですが、スチーム除菌で哺乳瓶やおしゃぶりなども高温で除菌できるのはありがたいと思います。

温度に関すること

温度に関しては、「温度設定」と「所要時間」がポイントになります。

除菌効果のある温度

基本的には哺乳瓶に関しては「煮沸消毒」で十分と考えられているので、オートクレーブのような高圧蒸気滅菌のような機能は不要ですし自宅への実装は大掛かりすぎます。

調乳ポットやボトルウォーマーは加熱することができるので、哺乳瓶を高温で一定時間温めることで煮沸消毒に近い効果を得ることができます。消毒効果は製品によりますが、一般的には80℃以上の温度で一定時間(10分以上)煮沸、あるいはスチームなどを当てることでほとんどの有害な微生物は無毒化されます。

100℃以上の温度にも耐えられる芽胞を持った菌がいるので、煮沸消毒でも十分ではないケースがあるにはありますが、一般的な清潔操作を心がけていれば普段の煮沸消毒での対応で十分だと思います。

ぶちくま
ぶちくま

高温で一定時間加熱できるものを選ぶと「消毒できる」ということも、ボトルウォーマーなどを選ぶときの目安にしてもいいと思います!

細かな温度設定

ミルクの温度は一般的には40℃程度に調整するのが適当とされています。ただ、赤ちゃんの感じ方はそれぞれ異なり、やっぱりそれなりに好みのようなものがあるようです。

温度調整は親の力量もありますが、赤ちゃんに安定して好みの温度でミルクを作る場合、調乳ポットなどで「1℃単位」で調整できるものがあると便利です。

ぶちくま
ぶちくま

私は感覚鈍麻の傾向があって、この「ちょうどいい温度」にミルクを作ることが苦手でした。今考えると、「39℃設定」などができるミルクウォーマーがあると便利だったな、って思いますね。

温めるまでの時間

これはお湯を作るための時間で、短い方が早くミルクが作れます。赤ちゃんが泣いていると結構焦るので、案外「速攻給湯」できるものはありがたがられると思います。

しろくまさん
しろくまさん

普通にお湯沸かすなら電気ケトルのほうが早いけど、適量のお湯を作ることに関しては、調乳ポットやボトルウォーマーの方が感覚的にやりやすいな、とは思いますね。

哺乳瓶を温める以外の機能

調乳ポットには「離乳食を保温する」機能などがあるものもあります。

離乳食の保温

離乳食、最近は本当に便利なものが増えています。無菌調理されているものは、基本的に温めるだけで食べられるので便利です。

スポンサーリンク

もう調乳とかやめて液体ミルクにしない

液体ミルクを哺乳瓶に入れる

母乳と人工ミルク論争は一旦わきに置いておいて、せっかく日本でも液体ミルクが解禁になったのだから、どんどん推進して生産性高めてコスト削減してもらい、日々利用できるものにしていってもらいたい。

お湯を沸かさずに、哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができるため、内閣府の男女共同参画会議も育児の負担軽減につながるとして流通を求めていた。ただ、母乳で育てる考え方や粉ミルクが普及していることもあり、被災地で敬遠されたケースもある。安全性の確保と理解を広げられるかが課題となる。

乳児用液体ミルク解禁 母親の声が政治を動かした

液体ミルクの賛否を論じるのはナンセンス

母乳が云々をここで語るつもりはないし、「どっちがいい」という極端な論争じゃなくて全てはバランスだと思うのですが、少なくとも言えることは、「取り入れらる技術は取り入れて、笑顔で赤ちゃんと過ごせる時間を増やす」これが大事かと。

液体ミルクを調温してほしい

んで、私が思ったのは、この液体ミルクを飲み頃にしてくれるアイテムが欲しい、ということ。

流石さすがに長時間温め続けるのは品質が劣化する上に味は変わるし、何より衛生上良くないのだけども。ただ、母乳と同じように人肌くらいの温度にしてくれて、かつそれが粉ミルクと併用できるものが出てきてくれると嬉しいですね。

ついでに液体ミルクの保存も

WHOガイドラインなら、ミルクは口をつけたものなら2時間以内に破棄、口をつけていないものを即冷蔵庫入れてなら一日OKなんだけども、液体ミルクは缶・パックで一回開けたら保存しづらいのも難点だな。

ディスポ哺乳瓶も

そういや、缶と紙パック型だけど、赤ちゃんはストローでちゅーちゅーするわけじゃないからお出かけの時は哺乳瓶が必要なわけね。

ぶちくま
ぶちくま

これって、少し手間だよね

ディスポ(使い捨て)の哺乳瓶は、今後は災害地には支援物資として届くとは思うけど、自分たちでも用意しておいて使い方くらい目を通しておくといいかも。

よめくま
よめくま

これもう液体ミルクの記事やん

私も、たまには時代の先をゆくジャーナリズムをですね

スポンサーリンク

おすすめ調乳ポットと周辺グッズ

というわけで、慌ててポットの情報を挟み込んで行きますよ。

使いやすい調乳ポット

まずは調乳ポットから紹介していきます。

コンビ 調乳じょ~ず

私は、哺乳瓶除菌のコンビ除菌じょーずを「ミルク期にあったらいいアイテム」としておすすめしているのだけど、こちらは調乳の「じょーず」シリーズ。

授乳・ミルク期に必要なものリスト【負担とストレス軽減にはお金をかけよ】
結論は「休養」と「夫のサポート」になった授乳・ミルク期に必要なものリストなのですが、これだけ読むと「なに媚び売ってんだ馬鹿野郎」と妻に怒られそう。ちゃんと説明すると、少しでも負担軽減になるグッズなら、使用期間は短くても買って損はないよという記事になります。

機能としてはスタンダードな「お湯の70度キープ」なのだけど、ポットに水を突っ込んで電子レンジでお湯を沸かせるのが特徴。

ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり

コンビを紹介すると、何となくバランスを取るためにピジョンも紹介しておきます。

ぶちくま
ぶちくま

哺乳瓶でお世話になったしね。

電気ケトル並みに沸騰が早く、その後の70度キープももちろんできる。

機能はシンプルなので記事としてまとめがいがないね

メイプルウェア 調乳ポット いつでもミルク

調乳ポットといえば、メイプルウェアのこちらも紹介しないと潜りのブロガーとしてネット警察に通報される。

800ml程度だと、80分ほどで調乳温度まで下がります。

多機能なボトルウォーマー系

調乳ポットではなく、最近のトレンド家電とも言えるボトル・哺乳瓶ウォーマーのおすすめです。

Grownsy

当サイトを検索される方が「Grownsy」で結構検索されてきます。人気かどうかは分かりませんが、「良さそう」な雰囲気は出している多機能ボトルウォーマー。

ぶちくま
ぶちくま

これだけ多機能で、しかもめっちゃ安いとなると、「使ってみたいけどレビューは気になる」というところですよね。

基本的には「お湯を温めるだけ」なので、ちゃんとした温度制御装置がついていれば危険ということはありません。むしろ、空焚き防止機能や温度の微調整、高温消毒処理もできるので、必要な機能はちゃんと揃っているのかな、と思います。

2本対応
1本対応

LifeBasis 多機能ボトルウォーマー

ボトルウォーマーとして哺乳瓶温め機能もある。中国製であることは説明文を読めば伝わってきますが、翻訳がひどくて頭痛くなる。オートクレーブのような高温水蒸気殺菌機能もあるので、哺乳瓶除菌もできる。

高温水蒸気を利用した「保温、加温、殺菌」などの機能を盛り込んだ、あったらいいと思う「理論的には」すごく便利な一品。

ぶちくま
ぶちくま

あとは、製品の信頼性の問題だね。

個人的な意見ですが、除菌レベルにまで達する高温水蒸気を発する家電であれば、なおさら安心できるメーカー品がいいかな。火事になるのが一番怖い。子どもの火傷も一生ものだから避けたい。

Philips AVENT

というわけで、どうやら「ボトルウォーマーが便利」だということがわかったので、メーカー品はないものかと探したらフィリップスが出してました。

先ほどの製品は2本の哺乳瓶に対応していましたが、こちらは1本。冷凍母乳の使用に選ばれている。

調乳のためのステンレスボトル

お湯を作っておいておくだけでも、調乳はかなり便利になるので、夜中のミルク作りをちょっとだけ楽にするならこちら。

サーモス 調乳用ステンレスボトル

少し脱線して、ステンレスボトルで十分だな、という方のために。サーモス。デザインが可愛い。

保温だけすればいい液体ミルク

私としては、もっと液体ミルクが広まって低価格化して次世代ママたちを助けてあげてほしい。

明治 ほほえみ らくらくミルク

話の脱線ついでに、先ほど話題にあげた液体ミルク。哺乳瓶に入れて、ボトルウォーマーでいいんじゃねと今思いついた。

240mlだから、月齢いってれば全部飲み切るけど、うちの子は絶対に残す。残した後の対応をどうするかが問題。

よめくま
よめくま

最初から全部飲ませるんじゃなくて、半々にして、哺乳瓶分けて保存しておけば良くない?

天才か。

アイクレオ 赤ちゃんミルク

別に依頼された記事じゃないのに、妙にメーカーに気を使ってバランスをとって他社も紹介するスタイル。

こちらは紙パック製で125mlだから、持ち運びには便利。

ディスポ哺乳瓶 Chu-bo

さらについでに、ディスポ哺乳瓶も。

これ、意外と優れもので、吸い出し量が簡単に調整できる。月齢に合わせて買い直しとかは基本的には不要。旅行の際とかに持っていって、都度捨てられるのも嬉しい。お友達が来た時に、赤ちゃんに使ってもらってもいい。

ぶちくま
ぶちくま

ジジババは、赤ちゃん泊まりに来て欲しかったらこういうの準備しないとダメだね

コメント

タイトルとURLをコピーしました