ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーを選ぶポイント選ぶポイント

ウォーターサーバーを選ぶポイントをチェック!

ウォーターサーバーを選ぶポイントについての記事をまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

ミルクや離乳食がつくりやすい

ウォーターサーバーを検討する第一の理由は、「ミルク」や「離乳食」がつくりやすくなるから。

いろんな人が勧めてくれるんだけど、実際のところが知りたい!

ウォーターサーバーは子供が生まれたらあってもいいなと思った理由を説明しています。

ウォーターサーバーが欲しいと思う最大の理由|ミルクと離乳食をつくる
ウォーターサーバーが欲しいという心の叫びを聞いてくれ、のコーナーです。 ミルクづくりと離乳食作りにウォーターサーバーがあると、 驚くほどに便利だということをいまさらながらに実感した。 家を建てる前に教えてくれ、という話題になります。

おすすめはフレシャス

まず、ウォーターサーバーを提供しているメーカー、どこが一番いいか気になるところかと思います。説明を全て吹っ飛ばして結論から言えば、フレシャスにしておけば一番後悔は少ないと思います。

フレシャスを勧める理由。

Dewoは子育て世代の救世主【ウォーターサーバー】
ぶちくまの理想のサーバーとなったフレシャスの紹介記事です。 つまり、「新築」した家のデザインに干渉せずに、かつ「ミルク作り」にもベストマッチ。 フレシャスのdewo miniは寝室のカウンターに置けるサイズだし、 何より、静粛性への気配りに涙が溢れる。 一人暮らしにもお勧めのウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーも含めたミルク作りに

ミルクの簡単な作り方、解説しました!

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較
これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラインやミルクメーカー各社のおすすめ方法などを網羅して調べてみました。

ケトルも人気!

ウォーターサーバーを使わずとも、電気ケトルさえあれば十分。コストは少しでも抑えたい方にはおすすめの電気ケトルも紹介しています。

安全性も大事

ウォーターサーバーを選ぶ上で大事になるポイントは安全性。子供がいる場合はなおのこと。

火傷に注意

実際におきたウォーターサーバー関連の事故をもとに、消費者センターはウォーターサーバーによって発生する可能性のある火災に注意を促しています。安全な使い方を心がけたいところ。

ウォーターサーバーで火災事故が発生|こまめな掃除が予防策で大事
ウォーターサーバーは一度設置すると、意外としないのが「サーバーの清掃」です。定期メンテナンスで内部を綺麗にしてくれはしますが、動かしづらいウォーターサーバーは「ホコリ」がたまって火事の原因に。漏電にも注意が必要です。

チャイルドロック

子どもがいるからこそ使い方には注意したいウォーターサーバー。メーカーは「チャイルドロックがあるから子供にも優しい」と言ってるものの、それって実際のところどうなの?

ウォーターサーバーのチャイルドロック|火傷と怪我の危険性は
チャイルドロックでウォーターサーバーを選ぶとしたら。私はコスモウォーターの「鍵を取り上げれば使えない」システムが、シンプルでかつ一番安全かと思いました。

 

ミルクで選ぶ

ミルクづくりのために浄水ポットを使う場合の注意点

パパがやるべきミルクづくりとして、「浄水ポット」で何とか手抜きできないかと思ったけど出てきたのは注意点ばかりだったので共有しておきます。
選ぶポイント

ウォーターサーバーが欲しいと思う最大の理由|ミルクと離乳食をつくる

ウォーターサーバーが欲しいという心の叫びを聞いてくれ、のコーナーです。 ミルクづくりと離乳食作りにウォーターサーバーがあると、 驚くほどに便利だということをいまさらながらに実感した。 家を建てる前に教えてくれ、という話題になります。
2019.06.12
ミルクで選ぶ

赤ちゃんのためなら天然水よりもRO水が優秀|清潔でミネラル調整済

赤ちゃんのためのウォーターサーバーを選ぶ際に、「RO水」か「天然水」かで迷われる方も多いようですが、安全を基準に考えるなら「RO水」の方が製造工程を考えると安心できます。ただ、水質管理と衛生管理が信用できる会社であれば、軟水の「天然水」であっても大丈夫です。一番怖いのは、むしろメンテナンス・掃除を怠って不衛生にすることだったりします。
2019.06.12
ミルクで選ぶ

ウォーターサーバーは赤ちゃんに直接飲ませてもいい清潔な水ではない

ウォーターサーバーの水はそのまま赤ちゃんに飲ませていいような雰囲気を出していますが、本当でしょうか。WHOなど然るべき機関はボトル入りの水でも煮沸しろと言っているのだけども。というわけで、調べてみたところ、「3割のサーバーには水道水基準を上回る細菌が」みつかったという記事もある。
2019.06.12
ミルクで選ぶ

粉ミルクって本当に70℃で殺菌できるの|細菌対策には熱湯、手洗い、掃除

エンテロバクター・サカザキ菌って知ってますか。致死率が50%近い上に併発する症状が致命的なものがおおくかつ神経系にも後遺症を残す恐ろしい菌です。そいつが、実は粉ミルクにいる可能性があるんですよね。でも、こいつ、70℃熱湯でも生き残るってことを知らない人、けっこういらっしゃいます。
2019.06.11
事故予防

ウォーターサーバーのチャイルドロック|火傷と怪我の危険性は

チャイルドロックでウォーターサーバーを選ぶとしたら。私はコスモウォーターの「鍵を取り上げれば使えない」システムが、シンプルでかつ一番安全かと思いました。
2019.06.11
選ぶポイント

ミルクづくりでウォーターサーバーを選ぼう【時短・簡単で一挙両得】

ミルクづくりのためのウォーターサーバー選びを完結させました。とりあえずこれだけ読めば、少なくとも後悔することはない。簡単で時短できれば自分の時間もつくれてパパもミルクを作ってくれるようになり一石二鳥以上の効果が期待できます。ただし、コストに関してはしっかり考えないと大幅に損することになるかもしれません。
2019.06.11
ミルクで選ぶ

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較

これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラインやミルクメーカー各社のおすすめ方法などを網羅して調べてみました。
2019.06.11
事故予防

ウォーターサーバーで火災事故が発生|こまめな掃除が予防策で大事

ウォーターサーバーは一度設置すると、意外としないのが「サーバーの清掃」です。定期メンテナンスで内部を綺麗にしてくれはしますが、動かしづらいウォーターサーバーは「ホコリ」がたまって火事の原因に。漏電にも注意が必要です。
2019.06.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました