家づくりで失敗してしまった、「3つの過ち」を公開しました。新築の際のご参考に。ここをクリックすると読めます!

ぶちくまどっとこむの「ライフハック」カテゴリについて

ぶちくまどっとこむの「ライフハック」カテゴリについて お金/資産

「お金/資産運用」で最短住宅ローン返済を目指す

住宅ローンとか資産運用とか、節約とかそういう話。
目標は10年で住宅ローン完済とします。

ぶちくまの実績

  1. 大学:バイトに明け暮れ、貯金うん百万
  2. 専門学校:貯金を切り崩して生活。奨学金重ねがけで実質借金。
  3. 就職:貯金ほぼゼロに。その間に結婚。結婚資金で貯金は再度、仄暗い水の底へ。
  4. 入職3年目:新築計画始動。頭金+余剰資金のため節約。
  5. ブログ開始:新築頭金で貯金ほぼ無くなるかと思いきや、節約のおかげで貯金プラスに。
  6. 資産運用開始:1年目の資本は家計貯蓄外で100万円からスタート
住宅ローン

借りるべきネット銀行の住宅ローンをライフスタイルでわけてみる

ネット銀行の住宅ローンをライフスタイルでわけてみました。資産運用の為の住信SBIネット銀行。ポイントで賢くがっちり楽天銀行。アフターフォローのソニー銀行。イオンはイオンのイオン銀行。au利用のじぶん銀行。個人的には資産運用で総合的なサポートができるSBIがオススメですね。
住宅ローン

楽天銀行の住宅ローンメリットはポイント集めだけ?【AI対応力で将来安心】

楽天銀行の住宅ローンときくと、「どうせ楽天ポイントがもらえるだけでしょう」と思いますよね。私はそう思っていました。楽天銀行の住宅ローンはかなりお得です。銀行としての機能もいいですし、規模が大きいうえに今後のAI変動にも対応できる対策をしています。一番信用できる住宅ローンとも言えそうです。
住宅ローン

ネット銀行の住宅ローンで疾病保障がつく場合の選び方【SBI選択がベスト】

ネット銀行の住宅ローンはいろいろな特典がつきます。なかでも疾病保障はおとくです。ただし注意点も多く、本当に「保険としての役割」を果たすわけではありません。ただし、この保障を活かすことで、自分や家族の生命・医療保険の見直しもできて安くできる可能性もある。
住宅ローン

住宅ローンで疾病保証を金利上乗せする?【悩むようであれば不要】

住宅ローンはネット銀行が参入して空前の低金利も重なって、かなりサービスが過激化しております。だから、各行様々なサービスを展開していて、「なんか得なのはわかったけど、どこが一番得なの」となりがち。特に、疾病保障については「お得」な反面、どうしたらいいのか悩むのも事実。記事内で疾病保障についての考え方をまとめました。
住宅ローン

住信SBIネット銀行は新潟県民の住宅ローン先としてもおすすめ

新潟だからって第四銀行などの地銀を使わないといけないわけではありません。私は、いまだに住宅ローンについては後悔があります。住信SBI銀行にしていれば、金利はもっと安く、その上全疾病保障の団信が無料でつくからです。もう少ししっかり調べて、複数の銀行で検討すればよかったです。
住宅ローン

住宅ローンの計算表はサイトを探さなくてもNumbersのテンプレが便利

住宅ローンの計算をするためにネットブラウジングする無駄な時間を削減できる方法です。 方法は簡単で、「Numbersのテンプレートを使う」、ただこれだけです。 ただ、Macユーザーですら慣れたExcelを使いがちだと思うので、 情報共有のために記事にしました。
お金/資産

新潟で住宅ローンを始めるためのフローチャート【結論はネット銀行】

住宅ローン申請の最終結論はやはり金利でお得なネット銀行でした。 団体信用生命保険の保障も手厚いですし、ネット銀行自体が便利ですし。 銀行の将来についても思案した結果、地方銀行で借りるのは得策とは言えません。 ただ、サービスの良さは馴染みの地銀のメリットもあります。
お金/資産

【地銀で借りるメリット】新潟で住宅ローンを借りるフローチャート③

金利や特典でメリットの強いネット銀行を利用せずに、地方銀行を利用するメリットについて考えてみました。 だいぶ長い文章を書きましたが、金銭的なメリットはないものの、 書類作成のお手伝いから、地域活性に役立てるという結論となりました。 でも、一応ネット銀行の仮申請はしたほうが後悔ないですよ。
お金/資産

【ネット銀行で金利底値の威力を噛み締めよ】新潟で住宅ローンを組むフローチャート②

住宅ローンを検討するなら、ネット銀行に仮申請するのが最優先だという記事になります。 新潟で住宅ローンを組む場合、住宅会社も地銀との取引があるので地銀利用を勧められます。 少しでも金利を安くしたい、お得な保障や特典をつけたい、というのであればネット銀行一択です。 ただし、ネット銀行の住宅ローンは審査が少し厳しいです。まずは仮申請を。
スポンサーリンク